万博公園花情報
 
 
2019年4月17日
 
 
自然文化園
 
チュリップフェスタは、2019年4月13日(土)〜4月30日(火・祝日)迄開催中。期間中は無休。

 
紅華(こうか)

(東の広場:東北端)


フェンス際に、造幣局の通り抜けで見られるような、一寸変わった桜の品種が植わっています。
御衣黄(ぎょいこう)

(東の広場・東北端)


緑色の花は珍しい。
ポピー

(世界の森:ルピナス花壇)


万満開です。

(花の丘が工事中でしたので、ポピーをここに植えたようですが、見物客は少ないです)


(東大路)


かなりの落花弁が見られます。花は少しは残っています。
チューリップ

(チューリップの花園:高台から見下ろす)


満開状態ですが、品種によっては終わりかけのもあります。
レオフィシャー

(チューリップの花園)


「チューリップフェスタ」は、4月13日(土)〜30日(火・祝)にかけて開催されます。
ガボタ(チューリップ)

(チューリップの花園)


深い赤色に黄色の覆輪が入る
ハナモモ

(茶摘みの里)


南側に一列に並んでいます。
ハナイカダ

(自然観察学習館:建物の西側)


葉の表面に花を咲かす珍しい植物。
蕾の先端が色づいたのも見られます。
花の丘


工事が終了し、立入可能となりましたが、現在は何も植わっていません。

工事の内容は、斜面の終端部に石垣を積んだり、通路の水はけを良くするため溝(蓋付)を設けたりしたようです。
カラタチ(花)

(花の丘)


白い小さな花を沢山咲かせています。
千歳菊(ちとせぎく)

(つばきの森)


ちょっと変わった椿です。
鶏の子(とりのこ)

(つばきの森)


真下を向いて咲いたいます
乙女椿(おとめつばき)

(つばきの森)


名の通り綺麗です。
山桜

(桜の流れの桜林)


一部ですが、まだ綺麗な部分もあります。
スギナツクシ

(台地の池:北端の石垣上)


早くに頭を出したツクシはスギナ(緑色の草)となりましたが、根元にはまだツクシが多く見られます。
藤棚

(平和のバラ園・


藤(のだふじ)の枝が棚の上をはっています。
ここからは日本庭園です
ハナズオウ

(日本庭園入口から:東通路脇)


綺麗な色の花です。
クロバナロウバイ

(入口から西北通路脇)


黄色いロウバイの実は、全てなくなっています。
ザイフリボクミツバツツジ

(茶室前の広場)


大きな木に白い小さな花が咲く。
ザイフリボク(UP)
ヤマブキ

(竹林)


早くもヤマブキが咲き出しています。
ドウダンツツジ

(深山の泉付近)


秋には葉が紅葉する木の花は、小さな壺型です。
里桜(さとざくら

(州浜の北側)


ここは遅咲きの八重桜が咲く所で、満開になるとこのベンチは、花見客でいっぱいになります。
里桜(UP)

(州浜の北側)


ベンチ側の桜が一部開花しています。
つつじヶ丘

(心字池東端部の最北通路)


先週、チラホラ咲だった「つつじ(小型)」が、かなり咲いてきました。来週あたりに見頃となりそうな感じです。
今猩々(いましょうじょう)

(つつじヶ丘)


クルメツツジの品種がパッチワーク状に植えられ、咲きそろうと綺麗です。もうすでに各品種に開花が見られます。
麒麟(きりん)

(つつじヶ丘)


これなどは、もう見頃?
小蝶の舞(こちょうのまい)

(つつじヶ丘)


ツツジヶ丘の場所は、はす池の西側通路を北に進み、突当たりの石段を上り西に少し進んだ所にあります。ここに関しては、毎年特別な催しは行われておりません。
2019年4月17日
2019年4月11日 戻る 2019年4月25日