万博公園花情報
 
 
2019年3月20日
 
 
自然文化園

「花の丘「と「平和のバラ園」は改修工事のため、立入禁止となっています。

本日より「万博公園:桜まつり」が始まりましたが、まだ桜(そめいよしの)は開花していません。


桜祭りは、2019年3月20日(水)〜4月14日(日)迄開催中。期間中は無休。
桜並木

(東大路)


訪れるひとも少ないです。
「ソメイヨシノ」の蕾

(東大路)


蕾はかなり膨らんできました。
ベニスモモ

(EXPO’70パビリオン:東側)


桜の花かと思いましたが・・・
ポピー

(世界の森:ルピナス花壇)


かなり咲いてきました。

(今年は「花の丘」が工事中のため、ポピーをここに持ってきたようです)
「万博公園:梅まつり」は、3月17日(日)で終了しました。

が、まだしぶとく咲く品種も存在します。


芳流閣(ほうりゅかく)
ミツマタ(花)

(水車茶屋)


現在満開です。
花桃(ハナモモ)

(茶摘みの里:北端)
チューリップ

(チューリップの花園)


この品種のみ開花花が見られます。

「チューリップフェスタ」は、4月13日(土)〜30日(火・祝)にかけて開催されます。
アンズ(花)

(観察の森)


観察の森への立入が出来るようになっていました。

「花の丘」への立入禁止は続行中です。
春曙光(読み方不明)

(つばきの森)


新導入の幼木に、きれいな花が咲く。
紅羽衣(べにはごろも)

(つばきの森)
カンヒザクラ

(春の泉)


万博公園内で、一番早くに咲く桜が開花していました。
カンヒザクラ:UP
ここからは日本庭園です
中央休憩所からの展望
日本庭園梅林

ここの梅は、遅咲き種が多いので、梅の木の本数は少ないですが、まだ鑑賞可能です。
淋子梅(りんしばい)

(日本庭園:梅林)
(そめいよしの)

(深山の泉)


ここの桜も、開花の気配はまだないです。)
アセビ

(梅林北側通路下)


アセビの開花期間は長いです。
亀の甲羅干し

(心字池:石橋から)


本日は昼からポカポカ陽気となり、亀も日向ぼっこです。
レンギョウ

(こい池・南側通路脇)


陽当たりが良い所では、沢山咲いています。
ジンチョウゲ

(はす池:西側)


花弁が完全に開きました。
2019年3月20日
2019年3月14日 戻る 2019年3月28日