万博公園花情報
 
 
2019年3月14日
 
 
自然文化園

「花の丘「と「平和のバラ園」は改修工事のため、立入禁止となっています。

桜のつぼみ

(西大路)


このところの寒さで、先週とあまり変わっていないようです。

「万博公園:桜まつり」は、3月20日(水)〜開催予定です。
ウンナンオウバイ

(世界の森:西端)


たくさん咲いてきました。
ポピー

(世界の森:ルピナス花壇)


かなり開花が進んでいます。
(今年は「花の丘」が工事中のため、ポピーをここに持ってきたようです)
早咲き種は終了のようですが、遅咲き種の「豊後(ぶんご)」などが綺麗に咲く部分が残っています。


万博公園:梅まつり」は、3月17日(日)で終了です。


藤牡丹枝垂(くふじぼたんしだれ)

(梅林:東側)
記念(きねん)

(梅林)


梅花の蜜を求めてメジロがやってきています。
豊後(ぶんご)
邦彦紅(くにひこべに)
ミツマタ

(水車茶屋)


黄色が多くなりました。
花桃(ハナモモ)

(茶摘みの里:北端)


梅の次は花桃です。
ハナミズキ(花)

(渡の沼)


たくさん咲いてきました。
ウグイスカズラ

(展望タワー付近)


小さな花ですので、あまり目立ちません。
玉霞(たまかすみ)

(つばきの森)


名の通り、つぼみが玉のようです。
乙女椿(おとめつばき)

(つばきの森)
カンヒザクラ

(春の泉)


万博公園内で、一番早くに咲く桜の開花が始まりました。
ここからは日本庭園です
中央休憩所からの展望
日本庭園梅林

ここの梅は、遅咲き種が多いので、梅の木の本数は少ないですが、今はそこそこ楽しめます。


手前は楊貴妃(ようきひ)
鄙の都(ひなのみやこ)

(日本庭園:梅林)


珍しい品種のようです。
淋子梅(りんしばい)

(梅林)
ヒイラギナンテン

(滝付近)


黄色い花が目立ちます。
アセビ

(滝付近)


この辺りでは、アセビが多く見られます。
サンシュユ

(心字池・北側)


背の低い木に、黄色い花をいっぱいつけています。
ジンチョウゲ

(はす池:西側)


ジンチョウゲの花が咲き始めています。
ジンチョウゲ

花のUP
アオサギ

(水のない「はす池」)
2019年3月14日
2019年3月7日 戻る 2019年3月20日