万博公園花情報
 
 
2019年3月7日
 
 
自然文化園

「花の丘「と「平和のバラ園」は改修工事のため、立入禁止となっています。

桜のつぼみ

(西大路)


「桜のつぼみ」の先端が赤みをおびてきました。
サンシュユ(花)

(世界の森:東端)


黄色い花が満開です。
ポピー

(世界の森:ルピナス花壇)


例年ルピナスが植えられている所には、ポピーが植えられ、チラホラと開花が見られるようになってきました。

(今年は「花の丘」が工事中のため、ポピーをここに持ってきたようです))
遅咲き種の「豊後(ぶんご)」などが咲き出していましたが、早咲き種が咲き終わり、見頃過ぎの状態かと思います。


万博公園:梅まつり」は、2月16日(土)〜3月17日(日)にかけて行われています。
呉服枝垂(くれはしだれ)

(東屋の傍)


ほぼ満開です。
メジロ

(梅林)


梅花の蜜を求めてメジロがやってきています。
豊後(ぶんご)
黄金梅(おうごんばい)
八朔(はっさく)
八重唐梅(やえとうばい)
ミツマタ

(水車茶屋)


黄色が広がっています。
ネコヤナギ(花穂)

(万葉の里)


小さな赤い蕾が沢山見えています。
虹玉(こうぎょく)

(つばきの森)


やっと大きな花が見られるようになってきました。
白逆さ富士(しろさかさふじ)

(つばきの森)


名の通りです。
西王母(せいおうぼ)

(つばきの森)


色がきれいです。
キンクロハジロ(鴨)

(大地の池))


まもなく春という季節に、まだ北に帰らずに居座っています。
ここからは日本庭園です
ネコヤナギ(花穂)

(梅林:南側入口)


赤い花穂がいっぱいです。
楊貴妃(ようきひ)

(日本庭園:梅林)


遅咲き種の梅の花が咲き出して、少しにぎやかになりました。
楊貴妃(ようきひ)UP

(梅林)


花が大きくて八重咲で、見ごたえがあります。
鈴鹿の関(すずかのせき)

(梅林)


シベが立派です。
光輝(こうき)

(梅林)


満開です。
アセビ

(深山の泉)付近)


真っ白なのは日本庭園内で沢山見られますが、赤みがかった花は少ないです。)
フイリアオキ

(深山の泉付近)


アオキの葉に斑紋が入った品種。
ドウダンツツジ

(深山の泉)


木の姿が良い。
落ちツバキ

(心字池:北側)


誰かがハート形に並べたようです。
スイセン(八重)

(花しょうぶ園:南端


変わった品種のスイセンです。
2019年3月7日
2019年2月28日 戻る 2019年3月14日