万博公園花情報
 
 
2019年1月21日
 
 
自然文化園

「花の丘「と「平和のバラ園」は改修工事のため、立入禁止となっています。

オタフクナンテン

(EXPO70パビリオン:東側)


真冬に葉が真っ赤になります。
ロウバイ

(梅林:東側の入口の東側)


2本のロウバイがの木が、沢山の花をつけています。
小梅

(梅林)


去年の暮から咲き始めた品種ですが、まだ小さな花を咲かせています。
八重寒紅(やえかんこう)

(梅林:西端部)


この品種が一番多く開花していました。
香篆(こうてん)

(梅林)


蕾は早くからありましたが、なかなか開花せず、やっと咲き出しました。
大盃(おおさかずき)

(梅林)


一輪のみの開花です。
扇流(おおぎながし)

(梅林)


一番最初に咲いた年もありましたが、今年はやっと一輪開花していました。
森の関(もりのせき)

(梅林)


薄いピンクの花です。


その他の開花品種は「桃山」・「玉牡丹」・叡山白」・「冬至」・白加賀」の10品種です。

なお「梅まつりは2月16日(土)〜3月17日(日)に行われます。
ヒイラギナンテン

(ケヤキの丘)


この木の葉も、真冬に赤くなります。
虹玉(こうぎょく)

(つばきの森)


本日は、きれいな花が多く咲いていました。
胡蝶侘助(こちょうわびすけ)

(つばきの森)
因幡百合(いなばゆり)

(つばきの森)


その他、「碁石」・「姫唐子」・「獅子頭」・「天ヶ下」・「乗蓮の春」・「隠れ磯」・「西王母」などの開花を確認しましたが、まだ花数は少ないです。
スイセン

(砂の広場)


かなり咲いてきました。
工事中の「平和のバラ園


リニューアル後、長さ40mの藤棚が新設されるそうですが、これが「藤棚」かも?
ここからは日本庭園です
中央休憩所からの展望


手前は白いサザンカです。
ロウバイ

(中央休憩所:東側池の傍)


綺麗に咲いています。
初雁(はつかり)

(梅林)


まだまだ元気です。
佐橋紅(さばしこう)

(梅林)


半開き状態です。
八重寒紅(やえかんこう)

(梅林)


やっと咲き始めましたが、日本庭園:梅林への通路が工事中で通行禁止となっていますので、茶室「千里庵」の北側から回り込んで梅林に行く方法しか今のところありません。
ヤブツバキ

(竹林:付近)


たくさん咲いてきています。
ナンテン

(竹林)


赤い実と葉がきれいです。


本日は水量が豊富でした。
アオサギ

(心字池)


しばらく池での姿が見られませんでしたが、本日は2羽いました。
はす池


蓮の枯枝が取り除かれていました(半分だけ)。今後ここで「カワセミ」を見られるのは、いつの日か?
2019年1月21日
2019年1月15日 戻る 2019年1月28日