万博公園花情報
 
 
2019年1月15日
 
 
自然文化園

「花の丘「と「平和のバラ園」は改修工事のため、立入禁止となっています。

花壇

(太陽の広場)


「パンジー」・「ビオラ」などが、きれいに咲きそろっています。
梅林入口


この冬は寒さが厳しく、なかなか咲いてきませんが、4〜5の品種の開花を確認しました。
小梅

(梅林)


一番に咲き始めた品種ですが、もう蕾の数が少なくなり、終わりが近い感じです。
八重寒紅(やえかんこう)

(梅林:西端部)


3本位の木で、この程度の開花が見られます。
(おきな)

(梅林)


一輪のみの開花を確認。
玉牡丹(たまぼたん)

(梅林)


以前は、この品種が一番に咲き出していた時期があった。
白加賀(しろかが)

(梅林))


その他、「冬至(とうじ)」・「こうてん」も咲き始めています。
ネコヤナギ

(万葉の里)


「ネコヤナギ」が赤いコートを脱ぎ棄てて、毛皮のコートに着替え中です。
つばきの森


赤い花は、サザンカです。
土佐有楽(とさうらく)

(つばきの森)


小さな花です。
虹玉(こうぎょく)

(つばきの森)


春には大きな花を咲化しますが、この時期の花は小さいです。
意宇の里(おうのさと)

(つばきの森)
弓場絞(ゆばしぼり)

(つばきの森)


その他、「碁石」・「姫唐子」・「獅子頭」・「天ヶ下」・「乗蓮の春」・「太郎冠者」・「隠れ磯」などの開花を確認しましたが、まだ花数は少ないです。
クチナシ(実)

(もみじ川:左岸)


今年は、沢山の実をつけています。
スイセン

(砂の広場)


一部が、咲きそろってきました。
クリスマスローズ

(水すましの池:北側)
ここからは日本庭園です
中央休憩所からの展望


左手前はサザンカです。
ロウバイ

(正門:西側通路脇)


やっとロウバイが開花しました。
初雁(はつかり)

(梅林)


早くから沢山咲いていました。
八重寒紅(やえかんこう)

(梅林)


日本庭園梅林での開花は、紅・白一種類ずつです。
ボケ

(梅林:通路脇))


真赤なボケの花が数輪さいていました。
センリョウ

(茶室北側通路脇)


赤い実が、かなり少なくなりました。
やぶつばき

(竹林傍))


ひと頃より花の数は少なくなっています。
ナンテン

(竹林)


ナンテンは、実だけではなく葉も赤くなります。
(こい)

(こい池)


この池の鯉達は、人影を見ると餌を求めて、近寄ってきます。
2019年1月15日
2019年1月8日 戻る 2018年1月21日