万博公園花情報
 
 
2019年1月1日
 
 
自然文化園

 台風による園内の立入禁止区域は、全て解消されましたが(一部林内などの立禁あり)、
「花の丘「と「平和のバラ園」は改修工事のため、立入禁止となっています。

太陽の広場
小梅

(梅林)


昨年の暮れから開花しています。
八重寒紅(やえかんこう)

(梅林)


最近の寒波で開花が遅れているようです。
茶の花

(茶畑)


暖冬年は冬でも沢山咲いているのですが、今年は開花数が少ないです。
ナワシログミ(実)

(自然観察学習館:南側山道脇)

花をつけたままで、実が太ります
パンジー

(自然観察学習館:花壇)


最近は、珍しい色のパンジーが増えました。
タイワンフウ(一葉の紅葉)

(紅葉渓)


大木から出た小枝に残る。
ネコヤナギ(蕾)

(万葉の里)


赤いコートで登場。
因幡ユリ(いなばゆり)

(つばきの森)


一重の椿です。
朝倉(あさくら)

(つばきの森)


サザンカです。
ゴールデンレイン(スイセン)

(つばきの森)


一本の茎に複数の黄色い花をつけるため、とても豪華です。
スイセン

(砂の広場)


一部ですが、沢山咲いてきています。
オタフクナンテン

(水すましの池:東側通路の花壇)


真冬に真っ赤になります。
ここからは日本庭園です
ヒイラギナンテン

(正門:東側)


ヒイラギ状の葉が、冬に赤くなります。
サザンカ

(中央休憩所:西南通路脇)


綺麗な花も見られます
アセビ(蕾)

(梅林:南側の一般通路)


アセビの蕾が鈴なりです。
初雁(はつかり)

(梅林)


日本庭園:梅林内で現在咲いているのは、この品種のみです。
初雁(はつかり) UP
ボケ

(梅林:北側通路脇))


真赤な花です。
センリョウ

(茶室:北側通路脇)


赤い実がパラパラと見られます。
ヤブツバキ

(竹林の傍)


ヤブツバキが沢山さいてきました。
ドウダンツツジ(新芽)

(泉付近)


秋に真っ赤だった葉を落とし、赤い新芽が見られます)
ボケ

(築山:最北通路脇)


立入禁止が解かれ、やっと、この場所のボケの花が見られるようになりました。
サザンカ

(心字池:石橋付近)


サザンカの落葉が激しくなっています。
2019年1月1日

2018年12月25日 戻る 2018年1月8日