万博公園花情報
 
 
2018年9月21日
 
 
自然文化園
入園入口は、以前のままです。
13日より、立入可能の場所(黄色の部分)が、少し増えました。(9月21日現在)

自然文化園では、自然観察学習館内と、そこまでの通路がOKとなりました。

日本庭園は、紅葉渓から築山の最北端に通じる通路と、はす池から池を含む東側が立入禁止で、その他は全てOKになっています。
太陽のの広場

花壇の花が入れ替わり、サルビア・マリーゴールドなどとなる。
自然観察学習館への道

通路の両側は立入禁止でロープが張られています。
もみじ


「茶摘みの里」の西側にある「毎年、一番に紅葉するもみじの木は」、結構、紅葉が進んでいます。
ヒガンバナ

(茶摘みの里)


昨年あたりから見られるようになりました。
ヒガンバナ(UP)


本来ならば、「西大路」・「森の舞台」や「もみじ川広場」などで、見ごろを迎えていると思いますが、立入禁止のため、見ることが出来ません。
自然観察学習館の北側


萩が開花しています。
学習館の庭


こんな状態です(立入禁止)。
へくそかづら

(学習館入口付近


漢字で書けば「屁糞葛」で、その通りの匂いがする所から、この名がある。


ここから先はどこにも行けませんので、もと来た道を戻ります。
平和のバラ園


ばら・バラと秋ばらが咲いてきていますが、まだ花h小さくて貧弱です。
ミツコ

(平和のバラ園)


「月の世界」の周りで咲く。


自然文化園は、まだ立入禁止区域が多くて、あまり花が見られません。気になるのは、花の丘のコスモスですが、どんな具合かな?

「コスモスフェスタ」は、10月6日(土)〜11月4日(日)の開催予定
ここからは日本庭園です
日本庭園:中央休憩所からの展望
中央休憩所から望む西側


もみじが、けっこう赤くなりました。
ミヤギノハギ

(州浜前の萩の広場)


しばらく見ない間に、結構咲いてきています。
ヒガンバナ(白)

(竹林:南側)


毎年、見られますが、花数は少ないです。
リコリス

(竹林:南北端付近)


不思議な色合いです。
ヒガンバナ

(竹林:南西端)


竹林の中で咲く。。
ヒガンバナ(UP)

(竹林:南西端)
シロバナハギ

(迎賓館:公園側)


沢山咲いてきました。
シロバナハギ(UP)
紅葉

(梅林:北側通路下)


一部が、結構色付いています。
ヤブラン

(州浜:北側斜面)


9月13日までは、全くつぼみが無かったのに、見事に沢山咲いています。
サンシユュ

(心字池:北側通路脇)


結構、色付いてきています。
サルスベリ

(つつじヶ丘)


かなり、寂しくなりました。
はす池

さすがに、花は見られなくなりました。


はす池の北側通路と中央の橋は立入禁止ですが、南側の東口(出口専用)に通じる通路は立入OKです。
2018年9月21日

2018年9月13日 戻る 2018年9月27日