万博公園花情報
 
 
2018年8月30日
 
 
自然文化園
コバノランタナ

(夏の花八景)


小さな花が寄り集まって咲きます。
コキア

(世界の森)


コキアの枝?が赤くなってきました。
トレニア

(太陽の広場:通路脇花壇)


多花性で色彩豊かな花が次つぎ咲き続けて、花壇をにぎやかに彩る。
ヤブラン

(太陽の広場:通路脇花壇)


日本庭園内の「ヤブラン」は、まだ花が見られません。
紅葉

(茶摘みの里:西側)


万博公園内で、毎年一番に紅葉する木が、ますます赤みを増しています。、(黒い布は、茶の木の日よけです)
スイレン

(水車茶屋の池)


毎週、 大体1〜2輪咲いています。
ヒガンバナ

(生産の森)


小さな田んぼの傍で、tあくさn咲き出しました。。
ヒガンバナ

(生産の森)


沢山の花が寄り集まって咲いています。
コスモス

(花の丘)


順調に育っているようです。
コスモス

(花の丘)


早くも一輪の開花を確認しました。
ヒガンバナ

(西大路:北側の水路脇))


一昨年位から、公園側が球根を植えたようで、竹で囲いをしてありましたが、沢山咲いてきています。
ナツズイセン

(桜の流れ北東側の山桜林)


先週、皆無だった囲い内で、沢山咲いていました。
ナツッズイセン

(桜の流れ北東側の山桜林)


桜林の東屋がある辺りです。
ナツッズイセン (UP)
ここからは日本庭園です
中央休憩所からの展望


サルスベリが満開です。
秋の気配

(中央休憩所から心字池西側を望む)
ネムノキ

(州浜)


ネムの開花は今ごろだったっけ?
ネムの花

(州浜)

この植物が夜になると葉を閉じることから、「眠りの木(ねむりのき)」が、ネムノキと呼ばれるようになったそうです。
オミナエシ

(竹林)


かなり花が少なくなりました。
ヤブラン

(州浜:北側斜面)


自然文化園:太陽の広場花壇のヤブランは、すでに咲いていますが、ここは蕾さえも上がっていません。
サルスベリ

(つつじヶ丘)


花付の悪い年もありましたが、今年は結構きれいに咲いています。
蓮花

(はす池)


ハスは、まだ”しぶとく”咲く花があります。
蓮花

(はす池)


まだ、きれいな花も存在します。
コガマ

(水生植物花壇)


水生植物花壇は見捨てられてのか、水は張られず、雑草だれけで、ガマの穂の生育も悪いです。
2018年8月30日

2018年8月23日 戻る 2018年9月13日