万博公園花情報
 
 
2018年8月23日
 
 
自然文化園
リュウキュウアサガオ

(夏の花八景)


トンネル完成まで、もう少しです。
リュウキュウアサガオ

(夏の花八景)


開花が進んでいます。
コキア

(世界の森)


コキアの整列です。
オタフクナンテン

(太陽の広場:北西奥)


この植物は、夏でも紅葉しています。
ひまわり(サンリッチ オレンジ)

(ひまわり園=チューリップの花園)


ひまわりフェスタは8月12日で終了しましたが、遅くに植えられた区画では、まだ見られます。
東北八重

(ひまわり園=チューリップの花園)


この品種は、今が見頃です。
フヨウ

(日だまりの池:南側)


かなり大きな花です。
紅葉

(茶摘みの里:西側)


万博公園内で、毎年一番に紅葉する木が、ますます赤みを増しています。、
ハゼの木

(森の足湯)


ハゼの紅葉が始まりました。
ヒガンバナ

(生産の森)


小さな田んぼの傍で、次々と開花しています。
コスモス

(花の丘)


苗がしっかりと定着したようです。
シロバナヒガンバナ

(西大路:つばきの森付近)


西大路の水路に沿って咲くヒガンバナは、開花が早いようです。
ナツズイセン

(桜の流れ北東側の山桜林)


東屋の傍で、少しまとまって咲いています。
ナツッズイセン(UP)
国立民族学博物館

地震の後、休館が続いていましたが、ようやく開館にこぎつけたようです。
ここからは日本庭園です
秋の気配

(中央休憩所)


心字池・西側のモミジが、かなり紅葉しています。
竹林の小径

解説板が設けられています。
白百合

(竹林内)


開花数は、少なくなりました。
木漏れ日の滝


上記タイトルで、ここにも解説板が設けられています。
サルスベリ(白)

(つつじヶ丘)


ここにも解説板が有りますが、クルメツツジの件のみで、サルスベリに関しての解説はありません。
サルスベリ

(つつじヶ丘)


見ごろかと思います。
蓮花

(はす池)


ハスの花は、まだ”しぶとく”咲いています。
蓮花

(はす池)


中には、きれいな花も存在します。
ミソハギ

(水生植物花壇)


水が張られていない、雑草だらけの花壇で咲いています。
2018年8月23日

2018年8月16日 戻る 2018年8月30日