万博公園花情報
 
 
2018年8月2日
 
 
自然文化園
アサガオトンネル

(夏の花八景)


アサガオが、どんどん背を伸ばしています。
リュウキュウアサガオ

(夏の花八景)


去年までは青紫の花だったと思いますが・・・・
コキア

(世界の森:ルピナス花壇)


色鮮やかだった花壇は、「コキア」が目立ってきました。秋には葉も枝も赤くなります。
太陽の広場


花壇の向こうでは、8月4日から始まる「イルミナイト万博・夕涼み」の準備が進行中です。
スイレン

(水車茶屋の池)


花数は少ないですが。元気よく咲いています。
ひまわり

(チューリップの花園)


沢山植えられている「サンリッチ オレンジ」が咲きそろってきましたが、まだ蕾もあるようです。

「万博公園ひまわりフェスタ」は8月12日(日)まで開催中。(水曜休園)
サンリッチ パイン

(チューリップの花園)


花粉が出ないので花もちが良いそうです。
マチス

(チューリップの花園)


鮮やかな濃い黄色の花で、花径が20cm程度になる大輪種。
テディベア

(チューリップの花園)


明るいオレンジ色の花弁が重なり、こんもりとしたドーム型の八重咲。
アベリア

(けやきの丘:裏側)


けやきの丘の東屋の北側は「アベリア」の花が一面に植わる。私は勝手に「アベリア海」と云っています。
ナンバンギセル

(万葉の里)


ほとんだが枯れて、咲いていたのはこれだけでした。
キツネノカミソリ

(西大路)


プラタナス並木の下で、ヒガンバナに先駆けて咲きます。
フンスイ

(西大路・終端部の売店の前))


熱い時は噴水でも眺めてください。
アベリア(ピンク)

(民族学博物館前の植え込み))


民族学博物館は、まだ臨時休館中です。
ここからは日本庭園です
サルスベリ

(中央休憩所)


一部、まとまって咲いてきています。
タカサゴユリ

(竹林)


蕾が沢山見られます。
タカサゴユリ

(竹林)


一輪のみの開花を発見!
ハマボウ

(州浜)


花の少ない時ですので、目立ちます。
サルスベリ

(つつじヶ丘)


開花が進んでいます。
サルスベリ

(つつじヶ丘)


ピンクの花のUP。
蓮花

(はす池)


まだ、ハスの花は咲いています。
蓮花

(はす池)


まだ綺麗な花が存在します。
蓮花

(はす池)


UP
2018年8月2日

2018年7月26日 戻る 2018年8月10日