万博公園花情報
 
 
2018年7月19日
 
 
自然文化園
アガパンサス

(夏の花八景)


白と紫が固まって沢山咲いています。
アメリカフヨウ

(夏の花八景)


日本のフヨウに比べて、大きな花です。
キョウチクトウ

(世界の森:南側)


一ヵ所に寄り集まって咲いていました。
ひまわり

(チューリップの花園)


沢山植えられている品種が、少し咲き出してきました。

「万博公園ひまわりフェスタ」は7月21日(土)〜8月12日(日)に開催されます。(水曜休園)
ひまわり

黒っぽい品種は、かなり咲いてきています。
ひまわり

こんな品種もあります。
エンジュ

(ひまわり花壇の西側)


中国生まれのマメ科の高木。黄色い小花を7〜8月頃につける。
カノコユリ

(万葉の里:南側)


背の低い笹薮から枝を伸ばしています。
コオニユリ

(万葉の里:南側)


現在、沢山見られます
ナンバンギセル

(万葉の里)


ススキに寄生する花
ナンバンギセル(UP)

(万葉の里)


手前のススキの根元には出ていません。一番奥のススキの株の根元に沢山出ています。
ヒガンバナ

(西大路:水路脇)


気の早い「ヒガンバナ」が10輪ほど咲いていました。
ヒガンバナ

(西大路:水路脇)


4輪の花が重なっています。
ここからは日本庭園です
秋の気配

(心字池:西端)


紅葉が始まっています。
万博映像上映コーナー

夏の暑い時は、ここに入るのが一番。入場者が少ないのに、冷房は半端ない効き方です。
竹林の小径

(竹林)


万博日本庭園八景の案内板が建つ。
マンリョウ(花)

(竹林)


マンリョウの花は、こんな時期に咲く?
モミジ

(茶室:北側通路下)


もみじの一部に紅葉が見られます。
ハマボウ(UP)

(州浜)


開花期間が長い花です。
サルスベリ(花)

(つつじケ丘)


春はツツジ。夏はサルスベリ。
蓮花

(はす池)


早朝観蓮会は終了しましたが、まだ少しは咲いています。
蓮花

(はす池)
コガマ

(水生花壇)


水生花壇の水が、いつまでたっても張られていません。このままでは水生植物が全滅するよ・・・・・
2018年7月19日日

2018年7月13日 戻る 2018年7月26日