万博公園花情報
 
 
2018年7月13日
 
 
日本庭園
はす池

本日は形のきれいな蓮花がほとんどで、朝早くから沢山の人々が訪れていました。
はす池


背の高い花が多くなりました。
はす池
はす池
はす池


「早朝観蓮会&象鼻杯」は、6月29日〜7月16日の金・土・日・祝日に開催されます。
像鼻杯とハス酒の試飲会は土・日・祝のみ開催、(金曜日はお酒の提供は無し)

当日は早朝06:00〜日本庭園の東口が開けられます。
ヒメヒオウギズイセン

(水生植物花壇)
サワギキョウ

(水生植物花壇)


咲き始めです。
サルスベリ

(つつじヶ丘)


クルメツツジと同居していますが、近年は花があまり咲かなくなっています。今年はどうかな?
ハマボウ

(州浜)


ピンクの花が目につきましたが、どうやら黄色からピンクに変わるようです。
ヤブカンゾウ

(竹林付近)


花の数が少なくなりました。
オミナエシ&黄蝶

(竹林)
ここからは自然文化園です
平和のバラ園


花はかなり少なくなりました。
国立民族学博物館




地震の影響により当分の間、臨時休館とのこと。
キキョウ

(万葉の里)


沢山咲いてきていますが、古い花が目障りです。
ハギ

(万葉の里)


少しだけ咲いています。
ヤマユリ

(万葉の里・南東側)


笹薮の中で咲く。
コオニユリ

(万葉の里・南東側)


笹薮の、あちらこちらから、沢山首をだしています。
トケイソウ

(花の丘:南端の林)


時計のように2本の針がありますが、残念ながら花弁は10枚です。
ヒマワリ

(チューリップの花園)


順調に育っているようです。


「万博公園ひまわりフェスタ」は7月21日(土)〜8月12日(日)に開催されます。(水曜休園)
咲き始めている、変わった品種のヒマワリが2種ほどありますが、まだ品種名札は設置されていません。
ムクゲ

(茶摘みの里の北側)


色々な品種のムクゲが見られます。
フヨウ

(茶摘みの里の北側)


ムクゲと美を競っています。
カンナ

(太陽の広場:花壇)


マリーゴールドをバックに咲く赤いカンナ。
アガパンサス

(世界の森)


少し遅れて、こちらのアガパンサスが満開となりました。
キバナコスモス

(夏の花八景)
宿根フロックス

(夏の花八景)
2018年7月13日

2018年7月6日 戻る 2018年7月19日