万博公園花情報
 
 
2018年7月6日
 
 
日本庭園
本日は雨の中、午後になると花が閉じるというハスを最初に訪れました。池に着く寸前に豪雨となり、休憩所でしばら様子を見ていましたが、少し雨が弱くなるのを待って、ハス池をめぐります。


はす池

公園側の発表では「見ごろ」となっていますが、形のきれいな花は少ない様です(雨が3日間降り続いたためか?)
はす池


右上のテントは「象鼻杯」が行われる所です。

(象鼻杯は7月10日までの土.・日・祝に行われます)
はす池
はす池
はす池


「早朝観蓮会&象鼻杯」は、6月29日〜7月16日の金・土・日・祝日に開催されます。
像鼻杯とハス酒の試飲会は土・日・祝のみ開催、(金曜日はお酒の提供は無し)

当日は早朝06:00〜日本庭園の東口が開けられます。
小笹川(花しょうぶ)

(花しょうぶ田)


ほとんどの花が終了した中で、まだ少し咲く花がある。
今年は、水が張られていませんでしたが、本日は雨が流れ込み、どぶ池となっていました。
ヒメヒオウギズイセン

(水生植物花壇)


かなり咲いてきています。
ミソハギ

(水生植物花壇)


咲き始めです。
サルスベリ

(つつじヶ丘)


クルメツツジが植わる場所にあるサルスベリが、少しですが咲いてきました。
ハマボウ

(州浜)


今年は咲き始めるのが遅かったように感じます。
ここからは自然文化園です
ドナルド プリオール

(平和のバラ園)


まだまだ、バラはひつこく咲きます。
あじさい

(桜の流れ)


桜の流れの右岸は、赤い西洋あじさいなどが、まだ咲いています。
ヘクソカズラ

(西大路終端部:茶店前の生垣)


つる)性多年草で、至る所に多い雑草。葉や茎に悪臭があることから屁屎葛とよばれる。
キキョウ

(万葉の里)


たくさん咲いてきています。
ユリ(カサブランカ?)

(万葉の里・南東側)


今年のユリは名札などはありませんし、無手入れです。
ムクゲ

(日だまりの池と茶摘みの里の間)


ここのムクゲは、赤・ピンク・白・八重など、様々な品種が植わっています。
アメリカディゴ

(世界の森:やったねの木(ローラー滑り台)の南側)


赤い葉のような花が特徴。
夏の花八景


夏の花が沢山咲いてきています。
上方から

クレオメ


ヘメロカリス

ハツユキカズラ


(夏の花八景)
2018年7月6日

2018年6月28日 戻る 2018年7月13日