万博公園花情報
 
 
2018年6月28日
 
 
日本庭園
はす池


今まで咲いていなかった、南東側も開花が見られます。
はす池


部分的には、この程度咲く所もあります。
はす池


「早朝観蓮会&象鼻杯」の準備も整ったようです。
はす池


こんな花もあるが、見頃はもう少し先になると思います。
はす池


「早朝観蓮会&象鼻杯」は、6月29日〜7月16日の金・土・日・祝日に開催されます。
像鼻杯とハス酒の試飲会は土・日・祝のみ開催、(金曜日はお酒の提供は無し)

当日は早朝06:00〜日本庭園の東口が開けられます。
モッコク(花)

(築山の麓))


初めて拝見しました。
カルガモ

(泉)


カワセミがいないかと、見回していて発見。
ネジバナ

(竹林:西終端部の水路傍))


らせん状に赤い小さな花が咲く。
ヤブカンゾウ


中国原産で、各地に野生化が見られる多年草。
ここからは自然文化園です
平和のバラ園


最近、バラは年中咲いているような気がします。
あじさい

(桜の流れ)


桜の流れの右岸は、赤い西洋あじさいなどが見られます。
あじさい

(桜の流れ)


西洋アジサイだけでなく、こんな花も見られます。
カシワバアジサイ

(あじさいの森)


花が終了する前に、花の裏側が赤くなるようです。
あじさいの森


まだ見られる所があります。
シロバナハギ

(万葉の里)


ミヤギノハギの白花変種。
キキョウ

(万葉の里)


たくさん咲いてきました。
ユリ(カサブランカ?)

(万葉の里・南東側)


今年はユリは見放されたのか、整備されていません。太陽の塔に資金が必要だったかも知れませんが、このような小さな花も大切にしてほしいものです。
ムクゲ

(日だまりの池と茶摘みの里の間)


夏の花が植わる一角に、ムクゲが沢山咲いてきています。
アガパンサス

(太陽の広場・通路脇花壇)


赤いカンナの花をバックにして咲く。
マリーゴールドサルビア花壇

(ルピナス花壇跡)


ルピナスが終了後、同時期に植えれていた花が、現在満開です・
ハツユキカズラ

(夏の花八景)


初夏に香りのよい乳白色の花をつける。
2018年6月28日

2018年6月23日 戻る 2018年7月6日