万博公園花情報

2018年6月12日

自然文化園
フヨウ

(夏の花八景)


夏の花がチラホラ咲き始めました。
宿根フロックスクス

(夏の花八景)


高さ1mほどになる多年草。多彩な花色の園芸品種がある。
ノカンゾウ

(世界の森)


これから、沢山咲いてきます。
ユリ(品種名不明)

(万葉の里:南東側)


背の低いササ林から顔を出していました。
スカシユリ

(万葉の里:南東側)


キキョウ

(万葉の里)


数輪、咲き始めています。。
あじさいの森


もう、見ごろと言え状態です。
ジョウガサキ

(あじさいの森)


八重咲きの珍しい品種です。
べにガク

(あじさいの森)


20品種・約4500株のアジサイが植えられていて、梅雨時には色とりどりのアジサイが楽しめます。

あじさい祭りは、6月2日(土)〜24日(日)にかけて開催されています。
さくらの流れ

左岸の「あじさい」は抜かれて、替わって「紅枝垂れ桜」が植えられましたが、右岸のアジサイは、そのまま残されています。
平和のバラ園


ピークは過ぎましたが、品種によっては見頃の花も見られます。
ここからは日本庭園です
心字池(東南湖岸)


サツキに替わりクチナシの花が咲いています。
ナンテン(花)

(竹林)


冬には真赤な実になります。
木漏れ日の滝


一部、赤い葉がみられます。
ギボウシ

(梅林北側の流れ傍)


白い花は泉の南側で見られます。
ネムノキ(花)

(州浜の池の北端部))


高木ですので、下ばかり向いていると見つかりません。
蓮花

(はす池)


早咲き種が、かなり咲いてきました。
蓮花

(はす池)


今年は開花が早かったようです。


「早朝観蓮会&象鼻杯」は、6月29日〜7月16日の金・土・日・祝日に開催されます。当日は早朝06:00〜日本庭園の東口が開けられます。


花しょうぶ田


咲き方に「ばらつき」がありますが、見ごろと云える品種が出てきています。
花しょうぶ田

花の銘板は設けられましたが、今年は水をはらないそうです。
古照田

(花しょうぶ田)
出羽の里

(花しょうぶ園)


「花しょうぶ祭り」などは、開催されませんので、適宜お出かけください。
2018年6月12日

2018年6月5日 戻る 2018年6月23日