万博公園花情報

2018年6月5日

自然文化園
ガウラ

(夏の花八景)


白い蝶形の小花が並ぶ
キョウチクトウ

(世界の森・南側)


沢山咲いてきました。
サルビア&マリーゴールド

(世界の森:ルピナスガーデン)


ルピナスは終わりましたが、この花達は元気です。
アベリア

(上ノ広場:北通路)


白いアベリアがやっと咲き出しました。
カンナ

(太陽の広場:花壇)


カンナの珍しい品種です。
セイヨウキンシバイ

(けやきの丘)


まだ咲いています。
ユリ

(万葉の里:南側)


来週は、開花していると思います。
あじさいの森


かなり色付いてきています。
あじさいの森
あじさいの森


20品種・約4500株のアジサイが植えられていて、梅雨時には色とりどりのアジサイが楽しめます。

あじさい祭りは、6月2日(土)〜24日(日)にかけて開催されています。
平和のバラ園


動物の形をした植木が登場。
ディオルサン

(平和のバラ園)


「月の世界」の周りで咲いています。
ここからは日本庭園です
心地池


久しぶりにアオサギが登場
中央休憩所からの展望


サツキの花が少なくなり、築山のライトアップ用の照明器具が並びます。
テッセン

(梅林:南側入口付近)


他の植物の葉に隠れるようにして咲いています。
ノカンゾウ

(竹林付近)


ユリ科の多年草、園芸植物、薬用植物。
ホタルブクロ

(滝前の道から州浜・つつじヶ丘方面との分岐点)


たくさん咲いてきています。


「万博公園:螢の夕べ」は5月26日(土)〜6月10日(日)にかけて開催中です。
シモツケ

(梅林北側出入り口前の桜林)


小さな花の寄り集まりです。
蓮花:つぼみ

(はす池)


すでに先端の赤い蕾が見られます。
蓮花

(はす桶)


何と!すでに咲き出している花もあります。
花しょうぶ田

けっこう見頃の品種も見られます。
7彩の羽衣

(花しょうぶ園)


今までなかった新品種なども導入されています。
花しょうぶ田

花の銘板は設けられましたが、今年は水をはらないそうです。
ハンゲショウ

(水生植物花壇)


6〜8月に咲くドクダミ科の花。
2018年6月5日

2018年5月29日 戻る 2018年6月12日