万博公園花情報

2018年5月15日

自然文化園
サツキ

(自然文化園:東口前)


ここは毎年きれいに咲いてくれます。
アガパンサス

(夏の花八景)


花の一部が咲き出しました。
セイヨウニンジンボク

(夏の花八景)


地中海沿岸にはえるハーブの一種だそうです。
ルピナス

(世界の森:ルピナスガーデン)


見頃といえる状態です。

この花に関しては、特別な催しはありませんので、適宜お出かけください。
スイレン

(水車茶屋:池)


睡蓮の開花数が増えてきています。
シャーレーポピー

花の丘)


アイスランドポピーと一緒に植えられていた「シャーレーポピー」が、この時期なって沢山咲いてきています。
シャーレーポピー

(花の丘)


アイスランドポピーと比べて、八重咲種や様々な色合いがあり、きれいです。
カラタネオガタマ

(だんご坂:東端南側)


やっと開花が始まりました。中国原産のモクレン科の常緑樹。花が終わる頃には、バナナの香りがします。
ベニガク

(あじさいの森)


「べにガク」の中央部が色付いてきました。
ヤマモモ(実)

(あじさいの森:出入口付近)


木の下方で見つけました。
平和のバラ園


見頃状態です。

ここは無料ゾーンですので、ここだけ見たい人は「日本庭園前駐車場」の西北側のゲート(小さな出入口:警備員がいますが)を一礼して入ればOKです。
アプリコット ネクター

(平和のバラ園)


「ローズフェスタ」は、5月12日(土)から27日(日)にかけて開催されています。
ここからは日本庭園です
ウツギ

(泉付近)


ウツギの花が沢山咲いてきています。
サツキ

(築山の西麓)


花弁が細長い品種です。
サツキ

(築山の東麓)


赤・白・ピンクが混じった花が咲く。
シャリンバイ

(築山の東麓)


都市環境に強い花gだそうです。
花しょうぶ田


やっと工事が終わったようで、バリケードは取り払われていました。花しょうぶ田のベンチや木道などが新しくなっています。
しんみねむらさき(花しょうぶ)

(花しょうぶ田)


花しょうぶは、すでに咲き始めている品種が存在します。
ふじさきがけ

(花しょうぶ田)


3輪ほど咲いていました。
春の海

(花しょうぶ田)


これ一輪のみ咲く。
コウホネ

(水生花壇)


長らく工事中だったため、水生花壇は久しぶりです。
ヤマボウシ

(花しょうぶ田)


ヤマボウシの花が、これだけ沢山そろって咲くのを初めて見ました。
2018年5月15日
2018年5月8日 戻る 2018年5月22日