万博公園花情報

2018年5月8日

自然文化園
サルビア ミクロフィラ

(夏の花八景)


東の広場で長期間の催しがあり、立入禁止のようでしたので、久しぶりの訪問です。

この花は、かなり前から咲いていたようです。
ヒルザキツキミソウ

(夏の花八景)


綺麗なのを一輪だけUP。
ルピナス

(世界の森:ルピナスガーデン)


東側は、かなり咲いてきています。
ルピナス(UP)

(世界の森:ルピナスガーデン)


豆の花に似ています。


この花に関しては、特別な催しはありませんので、適宜お出かけください。
スイカズラ

(EXPO’70パビリオン南西側植え込み)


白色と黄色がありますが、つぼみは白いので、白から黄色に変わるようです。
スイレン

(水車茶屋・池)


早くもスイレンが咲き出しました。白いスイレンも5〜6輪咲いていました。
セイヨウキンシバイ

(けやきの丘)


他に白い藩3〜4輪の開花を確認しました。
ザクロ(花)

(観察の森)


パラパラと咲き始めています
ハッサク(花)

(観察の森)


陰暦の8月朔日(ついたち)頃から食べられることから、この名がついたそうです。
カラタネオガタマ(咲き始め

(だんご坂:東端南側)


中国原産のモクレン科の常緑樹。花が終わる頃には、バナナの香りがします。
ベニガク

(あじさいの森)


「べにガク」の周囲に白い花が見られます。
クリスマスローズ オリエンタリス

(水すましの池:北西側))


沢山咲いています。
トベラ

(大地の池・東南角)


この花も白から黄色に変わるようです。
平和のバラ園


もう、見頃と云っても良い状態です。

ここは無料ゾーンですので、ここだけ見たい人は「日本庭園前駐車場」の西北側のゲート(小さな出入口:警備員がいますが)を一礼して入ればOKです。
クイーン エリザベス

(平和のバラ園)


「ローズフェスタ」は、5月12日(土)から27日(日)にかけて開催されますが、もうすでに見頃です。
ここからは日本庭園です
中央休憩所からの展望


手前の花は「シラン」です。
シャリンバイ

(中央休憩所・東側池傍)


「バイという名が付いていますが、梅ではありません。」
クロバナ ロウバイ

(中央休憩所・東側池傍)


赤っぽい黒です。
ホタルツワブキ

(梅林:南側の流れ付近)


ツワブキの葉に蛍が飛んでいるような文様がある。ホタルが飛ぶ場所で見られるが他の場所では見られない。

万博公園・蛍の夕べは5月26日(土)〜6月10日(日)開催の予定ですが、ホタル発生時期により開催期間が変更になる可能性があるため、確認の上お出かけください。
モチツツジ

(茶室・千里庵付近)


陽当たりのよい山野に自生する。
ハコネウツギ

(竹林)


この花も、白から赤色に変わるようです。
スイレン

(はす池)


ハスの葉が徐々に水面に広がってきていますが、スイレンの小さな花が沢山見られます。
ハスの葉と水滴

(はす池)
2017年12月18日より2018年3月15日まで、とされていた「花しょうぶ田」改修工事は5月7日まで叉また延長されていましたが、本日5月8日になっても、花しょうぶ田にはバリケード?が設置されたままで、中に入れませんでした。ぐずぐずしてると「花しょうぶが咲き出してくるぞ・・・・・」と思いながら日本庭園を後にしました。


なお、はす池南側の通路と北側高所通路は開放されていますので、東出口専用ゲートから出ることは出来ます
2018年5月8日
2018年5月1日 戻る 2018年5月15日