万博公園花情報

2018年5月1日

自然文化園
ルピナス

(世界の森:ルピナスガーデン)


東側でかなり咲いてきています。
ルピナスマロニエ

(世界の森:ルピナスガーデン)


西側は、まだ少ししか咲いていませんが、赤いマロニエの花は、けっこう咲いています。
パンジーなど

(太陽の広場)


満開状態です。
シロタエギク

(太陽の広場:通路)


正門から、太陽の塔に向かう広場両側の通路脇の花壇が通行可能となり、様々な草花が見られます。
の花

(現代美術の森)


かなり高いところで咲いています。
カキツバタ

(渡りの沼))


早くも「カキツバタ」の登場です。
ポピー

(花の丘)


菊に似た小さな白い花が混じって咲いてきていますが、地表が見えなくなって綺麗です。
シャーレーポピー(赤&白)

(花の丘)


「シャーレーポピー」は遅咲きのようで、背が高く良く目立ちます。
シャーレーポピー(ピンク)

(花の丘)


ピンクもきれいです。

「ポピーフェア」は5月6日(日)迄開催中です。
レンゲツツジ

(万葉の里)


変わった色のツツジです。
春の台(はるのうてな:椿)

(つばきの森)


つばきの花もほとんど終了しました。
ヒメアジサイ(つぼみ)

(あじさいの森)


アジサイの様子を見てきましたが、開花はまだまだ先のようですが、唯一の蕾を発見!
ウンナンオウバイ

(春の泉)

「バイ」と名がついていますが、モクセイ科の植物で、中国の雲南省原産。
ペチュニア花壇

(春の泉)


バックに「太陽の塔」と「観覧車」が望めます。
平和のバラ園


つるバラの「チャールストン」は、もう見頃ですが、「ローズフェスタ」は、5月12日(土)から27日(日)にかけて開催されます
ここからは日本庭園です
中央休憩所からの展望


築山の麓にツツジが見られます。
ツツジ(UP)

(築山の麓)
モチツツジ

(茶室付近)


葉柄やガクにトリモチのように手につく粘毛がありネバツツジとも呼ぶ。陽当たりのよい山野に自生する。
シラン

(泉の畔)


知らん間に、沢山咲いてきました。
平戸ツツジ

(築山の東麓)


花で葉が少ししか見えません。
伊勢路紅(いせじべに:クルメツツジ)

(つつじヶ丘)


一斉に咲き出していた「クルメツツジ」は、殆どが終了しましたが、この品種は満開です。


(花しょうぶ田北側:高所通路))


先週は「花しょうぶ田の改修工事」で、立入が出来ませんでしたが、本日はバリケードが無くなっており、藤棚の下まで来れましたが、もう既に見頃は過ぎておりました。
花しょうぶ田


改修工事で木道が全て新しくなり、新たに水路が設けられたようです。
注意・2017年12月18日より2018年3月15日まで、とされていた「花しょうぶ田」改修工事は5月7日まで叉また延長されましたが、はす池南側の通路と北側高所通路は開放されましたので、東出口専用ゲートから出ることが出来ます。
2018年5月1日
2018年4月23日 戻る 2018年5月 8日