万博公園花情報

2018年4月23日

自然文化園
ヒラドツツジ

(東口の西側)


ツツジの開花が進んでいます。
ルピナス

(世界の森:ルピナスガーデン)


少しですが、色付いた蕾が見られるようになりました。
マロニエ

(世界の森)


今年は、「ルピナス」の見ころ時には「マロニエ」は終了していると思われる。
チューリップ

(チューリップの花園)


開花種領品種が、かなり出てきています。
と、言ってもまだ綺麗に咲く品種も残っています。


「チューリップフェスタ」は4月7日(土)〜30日(月・振休)にかけて行われています。
シャガ

(渡りの沼))


シャガは、まだ沢山咲いています。
ナンジャモンジャの木

(観察の森)


「リンゴ」や「ナシ」の木が植わる北側にある大木です。花は今のところ、上方のみ見られます。
ポピー

(花の丘)


菊に似た小さな白い花が混じって咲いてきています。
シャアーレーポピー

(花の丘)


真赤な八重のポピーは、数が少ないですので、探してみてください。
アイスランドポピーネモフィラリナリア

(花の丘)



「ポピーフェア」は4月7日(土)〜5月6日(日)にかけて開催されています。
ツツジ

(遠見の丘)


展望タワー付近の「遠見の丘」は、今では樹木が成長して遠くは望め無くなりました。
三河ユり椿(みかわゆりつばき)

(つばきの森)


つばきの開花品種が極端に少なくなりました。
キリシマツツジ

(ひょうたん池)


「小さな花のつつじ」の後ろで普通サイズのヒラドツツジが咲いてきました。
キリシマツツジ

(松の池))


「松の池」には、この時期しか足を運びませんが、池には大きな鯉がいることを知りました。
平戸つつじ

(北口の階段下))


かなり咲いてきました。
ハナミズキ(白)

(春の泉)


明治時代、ワシントン市の贈ったサクラのお礼として日本に来たしそうです。白い総苞(花状のもの)の中心に黄緑色の花が咲く。
平和のバラ園


チラホラと。赤や白の花が咲き始めています。

ローズフェスタの期間は未発表です。
ここからは日本庭園です
中央休憩所からの展望


ツツジやもみじの赤い葉(こうゆう品種))が見られます。
フジ

(州浜前のフジ棚))


もう見頃かと思います。
シャガとタケノコ

(竹林)


シャガをかき分けタケノコが・・・・・
シラン

(泉の畔)


かっては、名前を「知らん」かった「シラン」が咲いてきました。
ベニバナウツギ

(泉の東側通路脇)


早くも「ウツギ」が咲き始めました。
コデマリ

(茶室北側一般通路脇))


名の通り、小さなテマリ状の花を無数につける。
ツツジ

(築山の麓)


大きな株です。
ヒラドツツジ(手前)&クルメツツジ(奥)

(つつじヶ丘)


今年は珍しく、「クルメ」と「ヒラド」が同時に見られます。
クルメツツジ

(つつじヶ丘)


今年はほとんどの品種が一斉に開花しました。
例年遅れて咲く「ヒラドツツジ」も同時に咲き出しましたので、今年は「近年稀に見る」美しさです。
クルメツツジ

(つつじヶ丘)


この場所は分かりにくい所にあり、あまり知られていないようですが、はす池の「はす庵」側の通路を北へ進み、突当たりの階段を上り、左に進めば行き当たります。
今年は、ぜひ訪れてみてください。
フジ

(心地池:東端の東側)


いつの間にか設置された藤棚で藤の花が沢山咲いています。
注意・2017年12月18日より2018年3月15日まで、とされていた「花しょうぶ田」改修工事は5月7日まで叉また延長されましたが、はす池南側の通路は開放されましたので、東出口専用ゲートから出ることが出来ます。
2018年4月23日
2018年4月17日 戻る 2018年5月1日