万博公園花情報

2018年4月17日

自然文化園
ルピナス

(世界の森:ルピナスガーデン)


やっと蕾が上がっている株が、少しですが出てきました。
マロニエ

(世界の森)


マロニエの花が見ごろです。
チューリップ

(チューリップの花園)


「チューリップの一期分(奥の円形部付近)は終了品種が出てきましたが、二期分(手前の傾斜地)は見頃となりました。
ファンシーフリル

(チューリップの花園)


白色に桃色の覆輪一重フリンジ咲き。

「チューリップフェスタ」は4月7日(土)〜30日(月・振休)にかけて行われています。
水車茶屋ナノハナ

(茶つみの里:北側))


ナノハナが勢いを増してきました。
花イカダ

(自然観察学習館:トイレの前付近))


葉の上に花を咲かせる珍しい木ですが、花はあまり綺麗ではありません。
ポピー

(花の丘)


見頃が続いています。
ナノハナ(カラシナ)

(花の丘)


丘の北側、外周通路に沿って植わります。
シャーレーポピー

(花の丘)


この品種はきれいです。


「ポピーフェア」は4月7日(土)〜5月6日(日)にかけて開催されています。
虞美人(ぐびじん)

(つばき森))


つばきの開花品種が少なくなりました。
キリシマツツジ

(ひょうたん池)


小さな花のつつじです。
キリシマツツジ

(松の池))


三角山の西方「松の池」は、この時期ツツジが美しい。
平戸つつじ

(お祭り広場:北側)


桜並木の下はつつじ並木?です。
ハナミズキ

(日本庭園前ゲート傍)


ピンクと赤が咲きそろいました。
チャールストン(バラ)

(平和のバラ園)


バラの開花一番のりは、この品種です。中央通路にあるアーチに絡む「つるバラ」です。
ここからは日本庭園です
ツツジ

(正門・東側:心字池の傍)


池傍のツツジが咲いてきました。
フジ

(州浜前のフジ棚))


フジの開花が始まりました。
フジ

(UP)
タケノコ

(竹林)


竹の子が背比べをしています。
ドウダンツツジ

(泉:西南部)


春に白色でつぼ形の花をつける。秋には美しく紅葉する。
サトザクラ

(州浜:北側)


日本庭園の八重桜は、かろうじて見られる状態です。
ツツジ

(築山の麓)


ツツジがかなり咲いてきています。
クルメツツジ

(つつじヶ丘)


クルメツツジがかなり咲いてきました。
クルメツツジ

(つつじヶ丘)


なかなか一斉には咲いてくれませんので、もう見頃と言ってもよい状態です。
クルメツツジ

(つつじヶ丘)


この場所は分かりにくい所にあり、あまり知られていないようですが、はす池の「はす庵」側の通路を北へ進み、突当たりの階段を上り、左に進めば行き当たります。
はす池

はすの葉が、たくさん池面に出てきています。
注意・2017年12月18日より2018年3月15日まで、とされていた「花しょうぶ田」改修工事は5月7日まで叉また延長されましたが、はす池南側の通路は開放されましたので、東出口専用ゲートから出ることが出来ます。
2018年4月17日
2018年4月10日 戻る 2018年4月23日