万博公園花情報

2018年4月10日

自然文化園
鬱金(うこん)

(東の広場:東北端)


東の広場の隅っこに「造幣局の通り抜け」で見られるような八重桜が咲く。、
福禄寿(ふくろくじゅ)

(東の広場:東北端))


八重のピンクで美しい。
桜並木

(東の広場・南側)


夏の花八景との間にある、八重桜の並木が見頃ですが、東大路の「ソメイヨシノ」は葉桜でです・


『万博公園桜まつり』は4月15日(日)まで
開催中(期間中は無休)。同時に桜のライトアップも行われます。18:00〜21:00
ウンナン7オウバイ

(世界の森:東側出入口)


すでに沢山さいてきています・
マロニエ

(世界の森:ルピナスガーデ)


ルピナスは、まだ蕾もありませんが、マロニエの花が先に咲き始めています。
チューリップ

(チューリップの花園)


「チューリップは、すでに見頃と云える状態です。
チューリップムスカリ

(チューリップの花園)


「チューリップフェスタ」は4月7日(土)〜30日(月・振休)にかけて行われています。。
ハナモモナノハナ

(茶つみの里:北側))


赤・ピンク・白のモモの前で黄色いナノハナが咲いています。
リンゴ(花)

(観察の森)


花の色は赤から白に変わっていくようです。
ポピー

(花の丘)


もう、見頃といっても良い状態です。

寄せ植えとして「リナリア」=赤、「ネモフィラ」=青が植えれれています。
ポピーリナリアネモフィラ

(花の丘)


混植コーナーもあります。

「ポピーフェア」は4月7日(土)〜5月6日(日)にかけて開催されています。
覆輪一休(ふくりんいっきゅう)

(つばき森))


つばきの開花品種が、かなり少なくなりました。
月影(つきかげ)

(つばきの森)


純白のつばきです。
鶏の子(とりのこ)

(つばきの森)


この品種は、現在、沢山の花を咲かせてています。
ハナミズキ

(日本庭園前ゲート傍)


ここには赤っぽい花のみですが、東入口前の橋の東側・運動場の南側に白いハナミズキが咲く。
ハナミズキ(UP)

(同上)
ここからは日本庭園です
クロバナロウバイ

(正門・東側:心字池の傍)


黒と云っても赤黒い花です。
ハナズオウ

(正門東側:心字池前通路の南側)


紅色のきれいな花です。
ミツバツツジ

(茶室付近)
ドウダンツツジ

(深山の泉)


小さな壺型の花が鈴なりです。
サトザクラ

(州浜:北側)


日本庭園の八重桜が見頃を迎えています。
サトザクラ

(州浜:北側)


UP画像
ボケの花と(太陽の塔&観覧車)

(築山の上方通路)


緑色の屋根は「中央休憩所」。
ゴモジュ

(築山の上方通路の東側))


常緑低木、葉は革質で楕円形、果実は秋に赤熟する。
クルメツツジ

(ツツジヶ丘)


あちらこちらで少し咲いてきています。パッチワーク状に配された、種々の色の花々が咲きそろうと、絶景です。
花しょうぶ田

工事中の「花しょうぶ田」ですが、古くなった木道などを架け替えているようです。
注意・2017年12月18日より2018年3月15日まで、とされていた「花しょうぶ田」改修工事は5月7日まで叉また延長されましたが、はす池南側の通路は開放されましたので、東出口専用ゲートから出ることが出来ます。
2018年4月10日
2018年4月3日 戻る 2018年4月17日