万博公園花情報

2018年4月3日

自然文化園
紅豊(べにゆたか)

(東の広場:東北端)


東の広場の隅っこに八重桜が植えられており、開花品種が出てきています。
白妙(しろたえ)

(東の広場:東北端))


造幣局の桜の通り抜けで見られるような、珍しい品種の遅咲き桜が、ここでは見られます。


(上の広場))

ソメイヨシノが散り始め、若葉も目立つようになってきました。

『万博公園桜まつり』は4月15日(日)まで
行われます(期間中は無休)。同時に桜のライトアップも行われます。18:00〜21:00
チューリップ

(チューリップの花園)


「チューリップフェスタ」を待ちきれず、かなり咲いてきています。中央部などは、もう見頃?
桜とチューリップ

(チューリップの花園)


「チューリップフェスタ」は4月7日(土)〜30日(月・振休)にかけて行われます。
ハナモモ

(茶つみの里:北側))


真っ赤と白が並んで咲いています。
花筏(ハナイカダ)

(自然観察学習館:トイレの前付近)


葉の中央部に花を咲かせる珍しい植物。
シャガ

(渡りの沼)


もうすでに、沢山の花が見れれます。
ナシ(花)

(観察の森)


三本の木が満開でした。
ポピー

(花の丘)


もう、見頃といっても良い状態です。
ポピー&ナノハナ

(花の丘)


「ポピーフェア」は4月7日(土)〜5月6日(日)にかけて開催されます。
ミズバショウ

(水草の池)


今年もまた、咲いてきました。
乙女椿(おとめつばき)

(つばきの森)


きれいな花が多くなりました。
春の台(はるのうてな)

(つばきの森)


こちらも、きれいな花が見られる季節となりました。
さくら

(桜の流れ)


ここの様子が少し変わりました。今までアジサイが植えられていたところは、全て「アジサイ」を撤去し、背の高い「紅枝垂れ桜」に変わり、下草には「ユキヤナギ」が植えられています。
紅枝垂れ桜

(水すましの池)


ここで弁当を広げる人が増えました。
キクモモ

(平和のバラ園:西側通路脇))


以前はここに、この木が並木状に植えられていましたが、中央部の木は抜かれて、両端の木だけになってしまいました。抜かれた木の跡には背の低いバラが植えられています。
ここからは日本庭園です
ハナカイドウ

(正門から西側通路の少し先))


背の低い木です。
イカリソウ

(竹林のトイレ付近))


船のイカリに似ていることから、この名がある。
ザイフリボク

(茶室付近))


桜かと思いましたが、変わった名前の花です。(花の姿を「采配」に見立てて、この名がついたそうです)。

画像にマウスONで花のUPを表示します。
ヤマブキ

(竹林)


早くも、ヤマブキが満開です。
タケノコ

(竹林付近)


沢山の「タケノコ」が頭を出しています。


(泉前の広場)


こちらも若葉が出てきて、汚くなりました。
ユキヤナギさくら


こちらも若葉が目立ちますが、ユキヤナギの白と青空がきれいです。
ボケ

(州浜の北側)


白とピンクが混じった花がきれいです。
注意・2017年12月18日より2018年3月15日まで、とされていた「花しょうぶ田」改修工事は5月7日まで、叉また延長されましたが、はす池南側の通路は開放されましたので、東出口専用ゲートから出ることが出来ます。
2018年4月3日
2018年3月28日 戻る 2018年4月10日