万博公園花情報

2018年3月28日

自然文化園


(東口を入った池の傍)


いよいよ『万博公園桜まつり』が本日から「3月28日(水)〜4月15日(日)」にかけて行われます(期間中は無休)。同時に桜のライトアップも行われます。18:00〜21:00


(東の広場横)


ここの桜は、まだ枝先に蕾が見られます。

横の垂幕は陶器市の出店です。


(東大路)

ソメイヨシノは、満開に近い状態かと思われます。

ウエザー・ニューズ社の桜情報によりますと、

開花が3月22日
5分咲きが3月26日
満開が3月28日〜
桜吹雪が4月2日〜

との予想情報が発表されています。
桜UP

まだ少し蕾が残っています。
桜のトンネル

(桜のトンネル)
チュ−リップ

(チューリップの花園)


チューリップは奥の方で一部の品種が咲いてきています。
シュリップ

(チューリップの花園)


この品種の他、白と赤が少し咲き出しています。
ポピー

(花の丘)


ネットが外され、花も沢山咲いてきました。

丘の上のサクラが見頃です。
岩根絞(いわねしぼり)

(つばきの森)


大輪のきれいな花です。
日光(にっこう)

(つばきの森)
ハナニラ

(つばきの森)


少し咲き始めました。
スイセン

(つばきの森の東側)


いつの間にか、様々な水仙が沢山植えられています。
枝垂れ桜

(西大路の東側終端部)


万国博10周年を記念して植えられた桜です。
さくら

(桜の流れ:南側広場)


大きな桜の木の下で、早速お花見の宴です。
さくら

(桜の流れ)


ここの様子が少し変わりました。今までアジサイが植えられていたところは、全て「アジサイ」を撤去し、背の高い「紅枝垂れ桜」に変わり、下草には「ユキヤナギ」が植えられています。
「春の泉」の方から見れば、こんな感じです。「紅枝垂れ桜]が大きくなるのが楽しみです・
枝垂れ桜

(水すましの池)


池に枝垂れる桜です。
枝垂れ桜

(お祭り広場北側の桜並木))


下の緑はつつじの木です。
ここからは日本庭園です
紅枝垂れ桜

(州浜)


小さな木ですが、目を引きます。
ミツバツツジ

(茶室前の広場)


ツツジが咲きはじめました。
さくら

(泉)


こちらも、満開に近いです。
さくらユキヤナギ


さくらとユキヤナギの共演です。
ユキヤナギさくら


ユキヤナギと比べると、桜は桜色です。
紫木蓮(シモクレン)

(筑山の西麓)


青空と紫モクレン
はす池


いつの間にか水がはられていました。
ジンチョウゲ

(はす池の南西側)


沢山、開花してきています。
注意・2017年12月18日より2018年3月15日まで、とされていた「花しょうぶ田」改修工事は3月31日まで延長されましたが、はす池南側の通路は開放されましたので、東出口専用ゲートから出ることが出来ます。
2018年3月28日
2018年3月24日 戻る 2018年4月3日