万博公園花情報

2018年3月24日

自然文化園


(東の広場横)


広場横の桜並木はチラッと咲き出してきています。(画像にマウスONで花のUPを表示)

万博公園桜まつりは3月28日(水)〜4月15日(日)にかけて行われます(期間中は無休)。同時に桜のライトアップも行われます。18:00〜21:00


(東大路)

ソメイヨシノは、けっこう開花が進む枝が見られます。

ウエザー・ニューズ社の桜情報によりますと、

開花が3月22日
5分咲きが3月26日
満開が3月28日〜
桜吹雪が4月2日〜

との予想情報が発表されています。
チュ−リップ

(チューリップの花園)

桜とほぼ同時期に楽しめるチューリップは、一部の品種で開花が見られます。


(梅林)


『万博公園梅まつり』は終了しましたが、梅林北側では、まだ、きれいに咲く品種も存在します。
ミツマタ

(水車茶屋)


全開です。
ハナモモ

(茶摘みの里周辺)


ハナモモが満開です。
ユスラウメ(花)

((観察の森)


背の低い木です。
ポピー

(花の丘)


ネットが外され、花も沢山咲いてきました。

丘の上のサクラが見頃です。
月の輪(つきのわ)

(つばきの森)


熊ではありません。
さつま紅(さつまくれない)

(つばきの森)
初瀬山(初瀬山)

(つばきの森)


今年の椿は虫食いが少なく、きれいです。
カンヒザクラ

(春の泉)


早咲きの桜の花と、ユキヤナギ
さくら

(桜の流れ)


歩道の横に並ぶ「ソメイヨシノ」は、少し開花が見られます。

(画像にマウスONで花のUPを表示)
ジュウガツザクラ

(みずすましの池:北端部)


十月から咲き出していましたが、いったん休憩のあと、又咲き出しました
紅枝垂れ桜

(西大路の東北端)


モクレン林の北側で咲く。(品種名は不明)
枝垂れ桜

(西大路:終端部)

万国博覧会十周年を記念して植えられた「枝垂れ桜」が、下部から咲き始めています。
スイセン

(砂の広場:中州の東側))


ラッパスイセン?
ここからは日本庭園です
築山

(中央休憩所から望む)


左上と右下に「ハクモクレン」が望めます。
楊貴妃(ようきひ)など

(日本庭園:梅林)


遅咲き種が多いため、まだ良く咲いています。
ヤブツバキ

(日本庭園:竹林西端付近)


今年は「ヤブツバキ」の花付が良いです・
泉前の桜(ソメイヨシノ)


大分咲いてきています。見頃は「東大路」と同時期になると思います。
ヒイラギナンテン

(滝の前付近)


赤・黄・緑の葉に、黄色い花をつけています。
ユキヤナギ&桜

(茶室「北側の一般通路」))


サクラが咲く前に「ユキヤナギ」が満開です。
紫木蓮(シモクレン)

(筑山の西麓)


ハクレンに次いでしモクレンも咲き出しました。
つくし

(つつじヶ丘)


クルメツツジの根元に、ツクシがいっぱい出ています。
レンギョウ

(蓮池休憩所の南東側)


レンギョウの黄色い花が目立ちます。
注意・2017年12月18日より2018年3月15日まで、とされていた「花しょうぶ田」改修工事は3月31日まで延長されましたが、はす池南側の通路は開放されましたので、東出口専用ゲートから出ることが出来ます。
2018年3月24日
2018年3月19日 戻る 2018年3月28日