万博公園花情報

2018年3月19日

自然文化園
桜の開花が近付いているようですので、様子を見てきました。

東大路

ソメイヨシノは、まだ一輪の開花も見られませんが、まもなく開花しそうなつぼみが見受けられます。

(画像にマウスONで蕾のUPを表示)
『万博公園梅まつり』は終了しましたが、梅林北側では、遅咲き種が、まだ、きれいに咲いています。

麻耶紅(まやこう)

(梅林)
記念(きねん)

(梅林)


八重の大輪で見ごたえがあります。
ハナモモ

(茶摘みの里周辺)


梅が終わると「ハナモモ」の季節です。
トサミズキ(花)

(渡りの沼)


トサミズキは、現在満開です。
アンズ(花)

(観察の森)


その他、この森でがアンズの花が満開でした。
ポピー

(花の丘)


増々、花数が増えてきています。

(画像にマウスONで花のUPを表示)
ウグイスカズラ

(展望タワー付近)


小さな花ですので、かなり近寄らないと咲いているのが分かりません。
虹玉(こうぎょく)

(つばきの森)


やっときれいな花が咲いてきました。
岩根絞(いわねしぼり)

(つばきの森)


大輪できれいな花です。
西王母(せいおうぼ)

(つばきの森)


椿は、春の花ですので、これからきれいな花が沢山咲いてきます。
カンヒザクラ

(春の泉)


早咲きの桜の花が、間もなく開花しました。


(画像のマウスONで花のUPを表示します)
さくら

(桜の流れ)


歩道の横に並ぶ「ソメイヨシノ」は、まだですが、山桜と一緒に植えられている幼木に花が咲く)
ハクモクレン

(西大路の東北端)


モクレンが咲いてきました。
この辺りには、ハクモクレンの木が沢山あるので、間もなく付近は真っ白になります。
スイセン

(砂の広場)


いつもスイセンの横に、ちょった変わったスイセンが咲いていました。
ここからは日本庭園です
乙女椿

(中央休憩所前・西側通路)


きれいな、つばきが沢山咲いてきました。
落つばき

(中央休憩所前・西南側通路)
楊貴妃(ようきひ)

(日本庭園:梅林)


遅咲き種の楊貴妃などの木が多いので、まだ鑑賞可能でした。
ヤブツバキ

(日本庭園:竹林西端付近)


満開状態です。
泉前の桜(ソメイヨシノ)


こちらも、まだ一輪も開花していませんでしたが、間もなく開花しそうな蕾がありました。

(画像にマウスONで蕾のUP表示)
ユキヤナギ

(州浜:北側斜面)


桜に先駆けて「ユキヤナギ」が咲いてきました。
ハクモクレン

(築山の東麓)


日本庭園でもハクモクレンが咲き始めています。
ジンチョウゲ

(日本庭園:蓮池の東南側)


隣には、白いジンチョウゲも咲き出しています。
注意・2017年12月18日より2018年3月15日まで、とされていた「花しょうぶ田」改修工事は3月31日まで延長されましたが、はす池南側の通路は開放されましたので、東出口専用ゲートから出ることが出来ます。
2018年3月19日
2018年3月13日 戻る 2018年3月24日