万博公園花情報

2018年3月13日

自然文化園
「万博記念公園梅まつり」開催中


3月13日現在、見頃が続いています。今年は遅咲き種が、早咲き種と一緒に咲いてきていますので、見ごたえがあります。

「万博公園梅まつり」は3月18日(日)までですが、まだ未開花の北側などでは、それ以降も楽しめるのでは・・・と思います。
「松・竹・梅」の梅林

(東屋の近辺)で見られます。
北側から望む梅林

(東屋付近)
小作(こさく)
座論(ざろん)
一の谷(いちのたに)
御所紅(ごしょこう)
ミツマタ

(水車茶屋)


開花しました。
ポピー

(花の丘)


黄色に混じって赤も咲いてきました。
蜀紅(しょっこう)

(つばきの森)


きれいな花が多くなりました。
白逆さ富士(しろさかさふじ)

(つばきの森)
珠錨(たまいかり)

(つばきの森)
西王母(せいおうぼ)

(つばきの森)


椿は、春の花ですので、これからも沢山咲いてきます。
スイセン

(つばきの森)



つばきの森の東側で、黄色いスイセンが満開となっていました。
カンヒザクラ

(春の泉)


早咲きの桜の花が、間もなく開花しそうです。
ツクシ

(大地の池:石橋近くの石垣上)


この暖かさで、顔をだしました。
ここからは日本庭園です
築山

(中央休憩所から望む)


手前の花はサザンカです。
ロウバイ

(中央休憩所・西側)



今年は花数が少ないです。
楊貴妃(ようきひ)

(日本庭園:梅林)


遅咲き種の楊貴妃が、すでに見頃です。
楊貴妃(UP)

(日本庭園:梅林)
光輝(こうき)

(日本庭園:梅林)
ボケ

(日本庭園:梅林北側通路脇)


一旦休憩後、又咲き始めました。
アセビ

(日本庭園:梅林・南側通路下)


あせびの花は、かなり少なくなりました。
ユキヤナギ

(日本庭園:州浜の北側)


小さな花が2輪だけ咲いていました。
ジンチョウゲ

(はす池:南西側)


まもなく開花しそうです。
注意・2017年12月18日より2018年3月15日まで、花しょうぶ園の改修工事が行われており、花しょうぶ園付近への立ち入りは禁止されていました(バリケード?で)。そのため、東出口専用門からの退園はできませんので、そのつもりで日本庭園をめぐって下さい。
2018年3月13日
2018年3月6日 戻る 2018年3月19日