万博公園花情報

2018年3月6日

自然文化園
サンシュユ

(世界の森)


世界の森の東南側にある5本の木が、満開です。
太陽の塔

地下の工事がほぼ終わったようで、太陽の広場の両横の通路が通行可能となっていました。

いよいよ、3月19日から「太陽の塔内部公開」が開始されますが、入塔は「太陽の塔:再生事業」に寄付をした方々が優先されるようで、一般人は「万博公園のホームページ」から予約が必要のようです。
「万博記念公園梅まつり」開催中


梅の開花が遅れていましたが、最近の暖かさで、やっと開花が進みました。

3月6日現在、東屋横の枝垂れ梅(呉服枝垂)は80%位の開花ですので、今週末には梅林全体が見頃になると思われます。
玉垣枝垂(たまがきしだれ)

梅林:北側の枝垂れ梅も、見頃近しです。
メジロ(野鳥)


早速、メジロ達が蜜を求めて飛来していました。
見驚(けんきょう)
竜門(りゅうもん)
幾夜寝覚(いくよめざめ)
緋の袴(ひのはかま)
豊後(ぶんご)


なんと!遅咲種の花も咲き出しています。
今年は、早咲種と遅咲種が一斉に咲いて、すごいことになりそうな予感がします。
ポピー

(花の丘)


早くも黄色が一輪、咲き出していました。
百合絞(ゆりしぼり)

(つばきの森)


一本の木に白・赤・絞りの花をつけます。
婆の木(ばあのき)

(つばきの森)


シンプルなつばきの花です。
紅侘助(べにわびすけ)

(つばきの森)
隠れ磯(かくれいそ)

(つばきの森)


たくさん咲いてきました。
スイセン

(つばきの森)


スイセンは、梅林やつばきの森などで、たくさん植えられています。
ここからは日本庭園です
ロウバイ

(中央休憩所・西側)



やっと咲いてきましたが、今年は花数が少ないです。。
楊貴妃(ようきひ)

(日本庭園:梅林)


なんと!遅咲き種の楊貴妃がすでに咲き始めています。
鈴鹿の関(すずかのせき)

(日本庭園:梅林)


東側斜面に珍しい品種が見られます・
乙女の袖(おとめのそで)

(日本庭園:梅林)
不老園非梅(ふろうえんひばい)

(日本庭園:梅林)


ここの梅も、今週末にはすべて開花しそうです。
ヤブツバキ

(日本庭園:心字池北側)


きれいな花が多くなってきました。

葉のあざ?は農薬の散布によるももか?
サザンカ

(日本庭園:随所)


相変わらず、サザンカは沢山咲いています。
注意・2017年12月18日より2018年3月15日まで、花しょうぶ園の改修工事が行われており、花しょうぶ園付近への立ち入りは禁止されていました(バリケード?で)。そのため、東出口専用門からの退園はできませんので、そのつもりで日本庭園をめぐって下さい。
2018年3月6日
2018年2月27日 戻る 2018年2月13日