万博公園花情報

2018年2月27日

自然文化園
入口の「八重寒紅(やえかんこう)」が見頃です。
「万博記念公園梅まつり」が、2018年2月17日から始まっています。

今年は開花が遅れていましたが、昨日「咲き始め」の報道があり、けっこう咲き出している品種や場所があります。
呉服枝垂(くれはしだれ)

この品種が満開の時が、この梅林の見頃時ですが、上方でパラパラと開花が始まっています。
鴛鴦(えんおう)


数輪の開花です。
剣先(けんさき)


少しばかり咲いてきています。
楠玉(くすだま)


開花が始まりました。
緑愕(りょくがく)


20輪ほどの開花を確認しました。
美川梅(みかわうめ)


今週末には、かなりの開花品種がみられると思います。
ネコヤナギ(花)

(観察の森)


花穂のなかから、小さな赤い花が出ています。
ヒメオドリコソウ

(花の丘)

両手に団扇を持った踊子が踊っているように見えます。
香妃(こうひ)

(つばきの森)


「つばき祭り」のために、持ち込まれた鉢ものです。
蜜姫(みつひめ)

(つばきの森)


少し暖かくなって、きれいな椿が増えました。
野々市の春(ののいtのはる)

(つばきの森)
虹玉(こうぎょく)

(つばきの森)


完全に開くと綺麗な花です。
スイセン

(砂の広場)


まだ沢山咲いています
ここからは日本庭園です
ロウバイ

(中央休憩所・西側)


今年は、まだこんな状態です。
クロヤナギ

(梅林入口)


クロヤナギの花穂からも、赤い小さな花が顔をだしました。
叡山白(えいざんぱく)・八重寒紅(やえかんこう)・大盃(おおさかずき)のそろい踏み。

(日本庭園:梅林)


その他、佐橋紅(さばしこう)・初雁(はつかり)がけっこう咲いています。
栄冠(えいかん)

(日本庭園:梅林)


2〜3輪の開花です。
古今集(こきんしゅう)

(日本庭園:梅林)


15輪、開花していました。
光輝(こうき)

(日本庭園:梅林)


この品種も少しですが咲き始めています。
マンサク

(茶室前広場)


もう満開です。
注意・2017年12月18日より2018年3月15日まで、花しょうぶ園の改修工事が行われており、花しょうぶ園付近への立ち入りは禁止されていました(バリケード?で)。そのため、東出口専用門からの退園はできませんので、そのつもりで日本庭園をめぐって下さい。
2018年2月27日
2018年2月20日 戻る 2018年3月6日