万博公園花情報

2018年2月20日

自然文化園
「万博記念公園梅まつり」が、2018年2月17日から始まりましたが、今年は開花が遅れています。今後の気温などによって変わってくるかもしれませんが、見頃は3月に入っからになるのではないかと思います。
叡山白(えいざんぱく)

(梅林)


この品種は、入口の西側で沢山咲いてきており、他の品種もそこそこ咲いてきているかと思いましたが、早咲き種の開花数が少し増えた程度です。
黒龍梅(こくりゅうばい)


黒っぽい赤の花です。
蝶羽重(ちょうのはがさね)

数輪の開花。
肥後駒止(ひごこまどめ)

数輪の開花。
月影(つきかげ)

15輪ほどの開花
チャボ鴛鴦(えんおう)



その他の開花は、「八朔(はっさく)」・「香篆(こうてん)」・「玉牡丹(たまぼたん)」・「小梅(こうめ)」・「八重寒紅(やえかんこう)」・「玉牡丹(たまぼたん)」・「森の関(もりのせき)」・「八重千鳥(やえちどり)」・などです。
けやきの丘


サツキの赤い葉が目立ちます。
ネコヤナギ(花)

(観察の森)


花穂のなかから、小さな赤い花が出てきています。
つばきの森


「梅まつり」と同時期に「つばき祭り」も開催されますので、観梅のついでに、観椿?もどうぞ!
式部(しきぶ)

(つばきの森)


ちょっと変わった花です。
碁石(ごいし)

(つばきの森)


赤に白の紋が入る。
隠れ磯(かくれいそ

(砂の広場)


椿らしい椿です。
カンザキアヤメ(カナヤメ)

(つばきの森)


常緑性で、冬の寒い時期にさきます。

(つばきの森内で、スイセン花壇のうしろで咲く)
チュッリップ(芽)

(チューリップの花園)


沢山、芽が出てきています。
ここからは日本庭園です
ロウバイ

(中央休憩所・西側)


今年の開花は遅れています。
古今集(こきんしゅう)

(梅林)


梅林の東側斜面で数輪の開花を確認しました。
八重寒紅(やえかんこう)


開花数が増えてきました。
佐橋紅(さばしこう)


かなりの数の開花が見られます。
叡山白(えいざんぱく)


日本庭園の「叡山白」も少しですが、咲き始めています。

その他の開花は、初雁(はつかり)という品種です。
マンサク

(茶室前広場)


ちょっと赤っぽい花ですが、最終的には黄色くなります。
アセビ

(茶室北側一般通路脇)


赤い蕾の花は先端が赤い花が咲きます。
ユキヤナギ

(州浜・北側)


良く見ると、すでに蕾がいっぱい並んでいます。
すでに咲いた花もあったようです。
マンサク

(心字池:石橋付近)


ここの「マンサク」は、最初から黄色です。
注意・2017年12月18日より2018年3月15日まで、花しょうぶ園の改修工事が行われており、花しょうぶ園付近への立ち入りは禁止されていました(バリケード?で)。そのため、東出口専用門からの退園はできませんので、そのつもりで日本庭園をめぐって下さい。
2018年2月20日
2018年2月13日 戻る 2018年2月27日