万博公園花情報

2018年2月13日

自然文化園
梅林


2月17日から始まる「梅まつり」の準備が整ったようですが、梅の開花は遅れています。


入口付近の「八重寒紅
一重寒梅(ひとえかんばい)

三輪ほどの開花を確認しました。
月影(つきかげ)


一輪のみ開花していました。
森の関(もりのせき)

数輪の開花。
八重千鳥(やえちどり)

数輪の開花。
冬至(とうじ):バックは赤い床几

2〜3輪の開花。
初雁(はつかり)


その他の開花は、「八朔(はっさく」・「香篆(こうてん)」・「玉牡丹(たまぼたん)」・「小梅(こうめ)」などです。


「万博記念公園梅まつり」は2018年2月17日から開始されます」が、まだ慌てて行くような状態ではありません。
ヒイラギナンテン(実)

(けやきの丘の西側)


小さな蕾を沢山持っています。
トサミズキ(新芽)

(渡りの沼)
ネコヤナギ(花穂)

(観察の森)


今年は花穂が多いです。
絞笑顔(しぼりえがお・ハルサザンカ)

(つばきの森)


この品種が、やっと咲いてきました。
数奇屋(すきや)

(つばきの森)


薄いピンク色の花です。


隠れ磯(かくれいそ)

(つばきの森)


「梅まつり」と同時期に「つばき祭り」も開催されますので、今のところ、あまり咲いてはいませんが、観梅のついでに、観椿?もどうぞ!
スイセン

(砂の広場)


かなり沢山咲いてきています。
オタフクナンテン

(平和のバラ園:西側)


様々な色が混じったのもきれいです。
ここからは日本庭園です
マンサク

(中央休憩所・西側)


ここの「マンサク」も、花弁を伸ばしはじめました。
ネコヤナギ(花穂)

(梅林・南側入口付近)


中心部が赤くてきれいです。
日本庭園:梅林


赤い床几が梅の開花を待っています。
八重寒紅(やえかんこう)


一輪開花かな?
叡山白(エイザンパク)


この品種の開花も近かそうです。
初雁(はつかり)


日本庭園:梅林での一番開花は、例年通りこの品種でした。
ボケ

(梅林内の通路脇)
ヤブツバキ

(竹林)


やっと、咲きだしました。
アセビ

(茶室北側一般通路脇)


早くも咲き出しました。
サザンカアオサギ

(心字池:石橋の西側)


サザンカの木を風よけにして、じっと寒さに耐えているようです。
マンサク

(心字池:石橋付近)


ここの「マンサク」は満開状態です。
注意・2017年12月18日より2018年3月15日まで、花しょうぶ園の改修工事が行われており、花しょうぶ園付近への立ち入りは禁止されていました(バリケード?で)。そのため、東出口専用門からの退園はできませんので、そのつもりで日本庭園をめぐって下さい。
2018年2月13日
2018年2月6日 戻る →2018年2月20日