万博公園花情報

2018年2月6日

自然文化園
梅林


2月17日から始まる「梅まつり」の準備が整いましたが、このところの寒さで開花がなかなか進んでいません。。
八重寒紅(やえかんこう)

この品種が部分的に一番多く咲いてきていますが、まだまだ見物に行ける状態ではありません。
大盃(おおさかずき)


一輪のみ開花していました。
雪山枝垂(ゆきやましだれ)


その他の開花は、「八朔(はっさく」・「香篆(こうてん)」・「玉牡丹(たまぼたん)」・「小梅(こうめ)」です。今年の開花は遅いようです。


「万博記念公園梅まつり」は2018年2月17日〜3月18日に開催されます
ミツマタ

(水車茶屋))


蕾がなかなか大きくなりません。
タイワンフウ(実)

(自然観察学習館・横)


沢山ぶら下がっています。
コサギ(野鳥)

(渡りの沼)


純白の羽がきれいでした。
ネコヤナギ(花穂)

(観察の森)


赤から銀色のコートへの着替えがかなり進みました。
ポピー(苗)

(花の丘))


ポピーがネットに守られ、春を待っています。
御美衣(おみころも))

(つばきの森)


この寒さで、椿の開花数が少なくなりました。
乗蓮の春(じょうれんのはる)

(つばきの森)


薄いピンク色の花です。


「梅まつり」と同時期に「椿まつり」も開催されますので、観梅のついでに、観椿?もどうぞ!
スイセン

(砂の広場)


かなり沢山咲いてきています。
アメリカイワナンテン レインボー

(水すましの池・西北側)
クリスマスローズ

(水すましの池・西北側)


少し赤みがかった色の花です。
平和のバラ園


株の剪定が実施され、現在はこんな状態です。
ここからは日本庭園です
日本庭園:梅林


赤い床几が梅の開花を待っています。
八重寒紅(やえかんこう)


まもなく一輪が開花しそうです。
佐橋紅(さばしこう)


この品種の開花も近いです。
初雁(はつかり)


日本庭園:梅林での一番開花は、例年通りこの品種でした。
マンサク

(茶室前の広場))


ここのマンサクの花は咲き始めは赤いですが、次第に黄色くなってしまいます。
ナンテン

(竹林)


赤い実は少なくなりましたが、赤や黄色の葉もきれいです。
もみじ(種子)

(滝付近)


もみじの種子が、未だに沢山残っています。
コブシ(つぼみ)

(心字池:北側))


春が近づき、つぼみが目立つようになりました。
サザンカ

(心字池:北側)


池の北側には、沢山の「サザンカ」が木があります。
マンサク

(心字池:石橋付近)


ここの「マンサク」は満開状態です。
注意・2017年12月18日より2018年3月15日まで、花しょうぶ園の改修工事が行われており、花しょうぶ園付近への立ち入りは禁止されていました(バリケード?で)。そのため、東出口専用門からの退園はできませんので、そのつもりで日本庭園をめぐって下さい。
2018年2月6日
2018年1月30日 戻る →2018年2月13日