万博公園花情報

2018年1月30日

自然文化園
玉牡丹(たまぼたん)

(梅林)


やっと玉牡丹が咲き出しました。
香篆(こうてん)

(梅林)


枝ぶりがおもしろい品種が、やっと咲いてきました。現在の開花は二輪のみです。
桃山(ももやま)

(梅林)


その他の開花は、「小梅」・「八重寒紅」・「八朔」・「雪山枝垂」。今年の開花は遅いようです。


「万博記念公園梅まつり」は2018年2月17日〜3月18日に開催されます
はる池

(もみの池)


鯉はどこに・・・・
キンカン

(生産の森)


高い所で実っています。
ポピー(苗)

(花の丘))


ポピーが植わる所に、ネットが設けられました。
カラタチ(トゲ)

(花の丘)


沢山あった実が全て無くなり、多くのトゲが目立ちます。
残雪

(万葉の里)


緑が皆無の「万葉の里」に残雪が・・・
姫唐子(ひめからこ)

(つばきの森)


このところの寒さのせいか、綺麗な椿やサザンカは、あまり存在しません。
弓場絞(ゆばしぼり)

(つばきの森)


木の下方で下向きで咲いていました。
笑顔(えがお・サザンカ)

(つばき森)


「梅まつり」と同時期に「椿まつり」も開催されますので、観梅のついでに、観椿?もどうぞ!
スイセン

(砂の広場)


かなり沢山咲いてきています。
噴水

(水すましの池・西側)


風に流される噴水。
オタフクナンテン

(水すましの池・西側)


赤い葉の奥には「太陽の塔」と観覧車が望めます。
クリスマスローズ ニゲル

(水すましの池・西北側)
ここからは日本庭園です
中央休憩所からの展望


心字池に映る青空がきれいでした。
タマリュウ(実)

(正門:東側)


水色の実が一つだけ確認できました。
マンサク

(中央休憩所:東側)


くるくると巻かれた花弁を伸ばしはじめています。
八重寒紅(やえかんこう)

(日本庭園:梅林)


日本庭園の梅林では、まだ一輪の開花も見られません。毎年、一番早く咲く「初雁」という品種より先に、この品種が開花しそうです。
マンサク

(茶室前の広場))


ここのマンサクの花は咲き始めは赤いですが、次第に黄色くなってしまいます。
サンシュユ(花)

(心字池・北側)


一輪のみ開花していました。
サザンカ

(随所)


日本庭園では、サザンカが多く見られます。
アオサギ

(心地池・石橋付近)


寒さに耐えて春を待っています。
ゆすりは

(中央休憩所・東側池の傍))


新葉の成長後に古い葉が落ちるので、この名があるそうです。
注意・2017年12月18日より2018年3月15日まで、花しょうぶ園の改修工事が行われており、花しょうぶ園付近への立ち入りは禁止されていました(バリケード?で)。そのため、東出口専用門からの退園はできませんので、そのつもりで日本庭園をめぐって下さい。
2018年1月30日
2018年1月23日 戻る 2018年 2月 6日