万博公園花情報

2018年1月23日

自然文化園
ハボタン

(太陽の広場)


中央部がピンクに染まり、きれいです。
八重寒紅(やえかんこう)

(梅林)


入口付近で一輪のみ、梅林全体では4本の木に開花が見られます。
八朔(はっさく)

(梅林)


かなり開花しています。
桃山(ももやま)

(梅林)


その他の開花は小梅が、まとまって咲いてきています。

「万博記念公園梅まつり」は2018年2月17日〜3月18日に開催されます
ミツマタ(つぼみ)

(水車茶屋)


すこし大きくなったようです。
ヒイラギナンテン

(けやきの丘:西側)


黄色い「つぼみ」がついています。
ネコヤナギ(花穂)

(観察の森)


褐色のコートを脱ぎ棄て、ほかほかのコートに着替えました。
土佐有楽(とさうらく)

(つばきの森)
碁石(ごいし)

(つばきの森)
小太郎(こたろう)

(つばき森)


「梅まつり」と同時期に「椿まつり」も開催されますので、観梅のついでに、観椿?もどうぞ!
スイセン

(砂の広場)


かなり多く咲いてきました。
スイセン

(砂の広場)


UP
ジュウガツザクラ

(水すましの池・北側)


この桜は十月から順次咲き続けています。
まもなく花が終わりますが、又、春にも咲くそうです。
モチノキ(実)

(日本庭園正門:外の西側)


鈴なりの真赤なみが、ずいぶん少なくなりました。
ここからは日本庭園です
中央休憩所からの展望


現在、ここから見える花は、左下で咲くサザンカくらいです。
ロウバイ(蕾)

(正門:西側)


固かった蕾の先端が白くなり、開花が近付いているようです。
マンサク

(正門:西側)


一部で開花が見られます。
初雁(はつかり・蕾)

(日本庭園:梅林)


日本庭園の梅林では、まだ一輪の開花も見られません。毎年、一番早く咲く「初雁」という品種の蕾の先端が白くなってきており、間もなく開花しそうな感じです。
マンリョウ

(竹林:西北側)


沢山ぶら下がっていた赤い実が、全て無くなりました。
ドウダンツツジ(新芽)

(心字池・西側)


春が来るのを待っています。
アセビ(蕾)

(梅林:北側通路下)


赤っぽい蕾は、ピンクの花になる。
ハクモクレン(蕾)

(築山:西側)


春の到来を待っています。
マンサク

(心字池・石橋の南西側)


この時期に、ここの「マンサク」は一斉に開花を始めたようで、驚きです。
注意・2017年12月18日より2018年3月15日まで、花しょうぶ園の改修工事が行われており、花しょうぶ園付近への立ち入りは禁止されていました(バリケード?で)。そのため、東出口専用門からの退園はできませんので、そのつもりで日本庭園をめぐって下さい。
2018年1月23日
2018年1月16日 戻る 2018年1月30日