万博公園花情報

2018年1月9日

自然文化園
サンシュユ

(世界の森)


赤い実と、小さな蕾が同居しています。
ロサ キネンシス ミニマ(バラの原種)

(世界の森)


原種バラが咲く一画で咲く。
パンジー・ビオラ

(太陽の広場)


太陽の広場の花壇が、パンジーなどに替わりました。
八朔(ハッサク・梅)

(梅林)


「小梅」・「八重寒紅」に続いて「八朔」という品種の開花を確認しました。

他の品種も、かなり蕾が膨らんできています。
ネコヤナギ(蕾)

(観察の森)


赤いコートを脱いで、毛皮のコートに衣替えです。
つばきの森


サザンカがけっこう咲いています。

割り竹の通路が多くなりました。
隠れ磯(かくれいそ・椿)

(つばきの森)


椿らしい椿が、やっと咲いてきました。
意宇の里(おうのさと・椿)

(つばきの森)
ゴールデンレイン(スイセン)

(つばきの森)


つばきの森の一画に植えられているスイセンが、開花しました。
スイセン

(砂の広場)


開花が進んでいます。
キンクロハジロ(カモ)

(大地の池)


渡りのカモの数が、年々少なくなってきていますが、キンクロハジロのオスは4羽いました。
ここからは日本庭園です
ツツジ(紅葉)

(梅林:南側通路脇)


ツツジの紅葉が意外ときれいです。
梅林


こちらの梅林での開花は無しです。

毎年、正月明けに、初雁という品種が一番に咲くのですが、今年は、まだ蕾です。
ボケ

(梅林:北側通路脇)


ボケの花が次々と咲いてきています。
マンリョウ

(茶室・南側通路脇))


やがて、野鳥の餌となります。
サザンカ水路

(滝付近)
サザンカ(落花弁)

(東口の北側)


サザンカの落花弁もきれいです。
注意・2017年12月18日より2018年3月15日まで、花しょうぶ園の改修工事が行われており、花しょうぶ園への立ち入りは禁止されていました(バリケード?で)。そのため、東出口専用門からの退園はできませんので、そのつもりで日本庭園をめぐって下さい。
2018年1月9日
2018年1月1日 戻る 2018年1月16日