万博公園花情報

2017年12月19日

自然文化園
ビワ(花)

(EXPO’70パビリオン:北側)


果物のビワ花です。
ススキ

(夏の花八景)


「リュウキュウアサガオ」の蔓も切り取られ、殺風景となりました。
ルピナス(苗)

(世界の森)


冬の寒さに耐えています。
ハボタン

(太陽の広場)


新年に備えて「ハボタン」が登場。両端の花壇には「パンジー・ビオラ」が植栽されました。
マサキ(実)

(自然観察学習館・横)


マサキの実が割れて、真っ赤な種子が顔を出しました。
ネコヤナギ(花穂の蕾)

(観察の森)
シロツメクサ

(花の丘)


今のところ、花の数は少ないです。
朝倉(あさくら・サザンカ))

(つばきの森)


蕾が、きれいです。
桃割れ(ももわれ・椿)

(つばきの森)


ちょっと変わった花です。
弓場絞(ゆばしぼり・椿)

(つばきの森)


こんな椿も開花してきました。
ピラカンサ(実)

(もみじ川・左岸中ほど)


これも鈴生りですが、今後、野鳥の餌となり消滅します。
オタフクナンテン

(みずすましの池・北西側)


寒い時期に、真っ赤になります。

漢字では「お多福南天」と書き、縁起がよさそうな植物です。
ここからは日本庭園です
モチ(実)

(中央休憩所:入口手前西側)


かなり少なくなっています。
ハマボウ(白葉)

(州浜)


白い花かと思って近付きましたが、ハマボウの葉が、白い裏側を外にして巻いた状態で、落葉を待っているようです。
サザンカ(紅・白)+ナンテン(赤い実)

(茶室・南側通路下)


黄色い葉の植物名は不明
ナンテン

(竹林)


ナンテンは、実も葉も赤くなる。
ヤマブキ(黄葉)

(滝・東南の流れ)
ボケ

(築山・上段通路脇))


少しですが、咲いてきています。
注意・2017年12月18日より2018年3月15日まで、花しょうぶ園の改修工事が行われており、花しょうぶ園への立ち入りは禁止されていました(バリケード?で)。そのため、東出口専用門からの退園はできませんので、そのつもりで日本庭園をめぐって下さい。
2017年12月19日
2017年12月12日 戻る 2017年12月26日