万博公園花情報

2017年10月5日

自然文化園
コバノランタナ

(夏の花・八景))


枝が横に這う性質があり、グランドカバーなどに利用されます。
コキア

(世界の森:ルピナスガーデン)


コキアの葉が散り、赤い枝だけになっています。
紅葉

(茶摘みの里:西側)


万博公園で、一番先に紅葉する「モミジ」が、かなり赤くなっています。
紅葉

(自然観察学習館:西側)


「アメリカフウ」の赤や、「イチョウ」の黄色が鮮やかになってきています。
コスモス

(花の丘)


背丈は高いもので1.5mを超えました。花も大きくなり、開花数もかなり増えました。

いよいよ「コスモスフェスタ」が、10月7日(土)〜11月5日(日)の予定で開催されます。
レッド イリュージョン(コスモス)

(花の丘)

花びらのもとに小さな花びらがつく変わり咲き。
上品なワイン色のふちどりが入る。
ダブルクリックミックス(コスモス)

(花の丘)


ゴージャスな半八重や八重の花を咲かせる。
美色混合(コスモス)

(花の丘)


紅・ピンク・白・黄色などの花がバランスよく混ざって咲く。



「コスモスフェスタ」期間中は無休(水曜日も開園)とのことです。
ススキ

(万葉の里)


バックは柿の木です。
フジバカマ

(万葉の里)


中国原産で古くに渡来して帰化したと思われる多年草。秋の七草の一つ。
ジュウガツザクラ

(水すましの池:北端部)


名前通り、十月になると咲いてきました。
秋バラアメリカハナノキ

(平和のバラ園)


秋バラが、けっこう咲いてきて、アメリカハナノキの紅葉と共演しています。
ここからは日本庭園です
秋の気配

(中央休憩所:西側)


モミジが先週よりも、ますます色付いています。
紅葉青空

(正門からの西北通路脇)


ナンキンハゼ?
ホトトギス

(梅林:北側通路脇))


咲き出しました。
ヤブラン(実)

(州浜:北側通路脇)


黄色い実がつき出しました。
ヒガンバナ

(花しょうぶ田:西端付近)


公園園内のヒガンバナは、ほとんどが終了しましたが、少しだけきれいなのが残っていました。
ホテイアオイ

(水生花壇)


本日は沢山咲いていましたが、この花は一日花で、翌日は全く花が無いという状態の可能性もあります。
2017年10月5日
2017年10月28日 戻る 2017年10月11日