万博公園花情報

2017年9月28日

自然文化園
リュウキュウアサガオ

(夏の花・八景))


夏の始めは「スケスケ」だったアサガオのトンネルが、立派になりました。
マロニエ

(世界の森)


ルピナスが咲くころに花が咲く「マロニエ」の紅葉が始まりました。
ヒガンバナ

(茶摘みの里)


この場所で初めて見ました。

こんな所にも、ヒガンバナが植えられたようです。
コスモス

(花の丘)


背丈は高いもので1mを超えました。花も大きくなり、開花数もかなり増えています。
コスモスヒマワリ

(花の丘)


昨年までは「ヒマワリ」は、まとめて植えられていましたが、今年はコスモスと混植されています。
コスモス

(花の丘)


種々の品種が区画を区切って植えられているコーナーがありますが、品種名札は、まだ設置されていません。
コスモス(シーシェル)

(花の丘)


花弁が筒状のコスモスです
キバナコスモス

(花の丘)


今年の「コスモスフェスタ」は、10月7日(土)〜11月5日(日)に「花の丘で」開催されます。

期間中は無休(水曜日も開園)とのことです。
モミジ

(もみじの滝)


モミジの枝の先端から紅葉が始まりました。
ハギ

(万葉の里)


萩の花は、先週よりもきれいに咲いています。
ヒガンバナ

(万葉の里)


ハギの株の裏側で、ひっそりと隠れるようにして咲いています。


なお、先週は見頃だった、「西大路」・「もみじ川」・「森の舞台」のヒガンバナは全て終了していました。
バラアメリカハナノキ

(平和のバラ園)


秋バラが、かなり咲いてきています。

奥の「アメリカハナノキ」の紅葉も始まりました。
ここからは日本庭園です
ヒイラギナンテン

(正門:東側)


ヒイラギナンテンの葉が、様々な色に染まっています。
秋の気配

(中央休憩所:西側)


モミジが先週よりも、かなり色付いています。
ミヤギノハギ

(ハギの広場)


こちらも、先週よりもきれいです。
リコリス

(竹林内)


「ヒガンバナ科」の植物です。
ヒガンバナ

(竹林終端部の西側)


昨年は、すごく大きな束になって咲いていましたが、今年は少ないです。
ホトトギス(つぼみ)

(梅林:北側通路脇))


まもなく開花しそうです。
サンシュユ(実)

(心字池:北側通路脇)


緑色だった実が真っ赤になりました。
アオサギ

(心字池)


夏の間、見かけなかった「アオサギ」が池に戻ってきたようですが、この鳥は若鳥のようです。
ヒガンバナ

(花しょうぶ田:西端付近)


日本庭園内のヒガンバナは、自然文化園よりも一週間ほど遅れて咲くようで、今が見頃状態です。
ヒガンバナ

(花しょうぶ田の土手上)


今年は例年に比べて花数は多いようです。
2017年9月28日
2017年9月21日 戻る 2017年10月5日