万博公園花情報

2017年8月24日

自然文化園
パンパスグラス

(夏の花八景)


シロガネヨシとも呼ぶ常緑の大型多年草。密生して大株となり、銀白色で大きな羽毛状の花穂をつけます。
ヒマワリ&観覧車

(夏の花八景)
キョウチクトウ

(世界の森)


森の中からは、あまり花は見えないが、外周道路に出ると、多くの花が確認できる。
メランポジュウム・ジニアリネアリス・コキア

(世界の森:ルピナスガーデン)


ルピナス花壇のあと地には、こんな花が植えられています。
ヒマワリ

(チューリップの花園)


「万博公園ヒマワリフェスタ」は20日に終了しましたが、第3期に植えられたひまわり(太陽の塔側の斜面)は、まだけっこう咲いています。
サルスベリ
 
(日だまりの池)


池面をバックに咲くサルスベリ。
ヒガンバナ

(生産の森)


小さな田んぼの傍で、ヒガンバナが集団で咲いています。ここのヒガンバナは毎年早く咲きます。
コスモス

(花の丘)


コスモスの苗が、徐々に大きくなってきています。
クサギ

(ビオトープの池:南側)


夏〜秋に白い花をつけ、果実は紫青色で赤いガクの中につく。花はよい香りがしますが、葉をもむと臭いにおいがします。
ワレモコウ

(万葉の里)


茶花として利用される。
花は赤茶色〜褐色で茎先に密生して咲く。花径は約1cm
ヒガンバナ

(西大路:北側水路脇)


ヒガンバナが咲くのは、例年南側水路脇でしたが、昨年、北側にも球根が植えられたようで、早くも沢山の紅白の花が咲き出しています。
ナツズイセン

(桜の流れ:山桜林)


今年は花数が少ないです。

今年の春先に、この花の見物用に東屋が建設されています。
ここからは日本庭園です
秋の気配

(心字池・西側)


タカサゴユリ

(竹林)


かなり花が少なくなりました。
サルスべり

(つつじヶ丘)


昨年は花がほとんど咲ませんでしたが、今年はけっこう咲いてきています。
サルスベリ

(つつじヶ丘)


つつじヶ丘は、はす池の北西側の階段を上がり、西に少し進んだ所にあります。
蓮花

(はす池)


蓮はもう終わったと思っていましたが、花托に囲まれながら、しぶとく咲く花もあります。
赤とんぼ

(東・専用出口付近)


花の解説板に赤とんぼがとまっていました。
2017年8月24日
2017年8月17日 戻る 2017年8月31日