万博公園花情報

2017年5月22日

自然文化園
夏の花八景


3週続けて簡易フェンスで囲われ立入禁止でした。この間「東の広場」で何かのイベントがあったため、その期間中と会場セッティングと解体期間中は立ち入れませんでした。

今までは警備員を配置させて入園者を出入りさせていたのですが、この3週間は「夏の花八景に入ろうと思ってた人を無視したようです。

よって写真はありません。
ルピナス

(世界の森:ルピナスガーデン)


もう満開と云える状態かと思われます。
サルビア・ミクロフィラ

(世界の森)


かなり大きな株になり、多くの花を咲かせています
サツキ

(けやきの丘)


かなり咲いてきましたが、見頃はこれからです。
グミ(実)

(観察の森)


立派な「グミの実」がぶら下がっていました。
ザクロ(花)

(観察の森)


やっと咲いてきました。
八朔(はっさく:花)

(生産の森)


柑橘類の「はっさく」の花です。
シャーレーポピー(別名:虞美人草)

(花の丘)


花の形が豊富で、色は赤やピンク、花弁は一重・八重とさまざまです。
ヒルガオ

(だんご坂:下)


つつじの木につるを巻き付けて、育っています。
あじさい

(あじさいの森)


色付いた花が、見かけられるようになりました。

万博公園あじさい祭は6月3日(土)〜25日(日)に開催されます。
平和のバラ園


満開状態となりました。
タウン クライヤー

(平和のバラ園)


ローズフェスタは5/13(土)から28(日)にかけて行われています。
ここからは日本庭園です
サツキ

(心字池)


池傍のサツキが咲いていました。
テッセン

(梅林・南側入口付近)


大きく育った「クロヤナギ」に巻き付いて花を咲かせています。
ホタルツワブキ(葉)

(茶室への南側通路脇)


普通のツワブキの葉には、こんな模様はありませんが、この蛍が出る水路付近のツワブキの葉のみ、こんな模様がある。

万博公園螢の夕べは5月27日(土)〜6月11日(日)の予定だそうですが、ホタルの発生時期により変更の可能性があるそうですので、万博公園のホームペジやTELで確認のうえ、お出かけ下さい。
ハコネウツギ

(竹林・中間付近)


花の咲き始めは白く、だんだんピンクから赤に変わり終わる。
ウツギ

(日本庭園内の随所で咲く)


別名「うの花」で、この花の開花が夏の到来を告げる。(童謡・夏は来ぬ)
クサソテツ

(梅林・北側通路出口付近)


若葉(コゴミ)は、食用になる。
サツキ(花)

(築山:下段通路脇)


細長い花弁の花もある。
スイレン

(はす池)


はすの葉が途切れた所で、赤いスイレンの花が咲く。
花しょうぶ

(花しょうぶ田)


まだだろうと思っていましてが、3品種ほどの開花がみられました。
八ヶ岳

(花しょうぶ田)


開花一番のりの花しょうぶです。
ヤマボウシ

(東出口専用扉に行く通路傍)


ほんのりピンク掛かった花です。
2017年5月22日
2016年5月15日 戻る 2017年5月29日