万博公園花情報

2017年4月10日

自然文化園

2017年の桜まつりは、4月16日(日)まで延長されました。又、GW までの水曜日は休まず営業されています。

  


紅豊(べにゆたか)

(東の広場:北東角)


あまり知られていませんが、この辺りに「造幣局の桜」で見られるような(遅咲き・八重)の珍しい桜の花が見られます。


白妙
(しろたえ)

(東の広場:北東角)


上と同じ場所の桜で、これから他の品種も咲いてきます。


(ソメイヨシノ)

(東大路)


まだ見頃状態ですが、そろそろ花弁が散り始めました。
ハナモモ

(茶摘みの里:北側)


ピンクのモモの花が終わり、赤と白のモモの花が咲き出しています。
チューリップ

(チューリップの花園)


チューリップフェスタ」は4/8(土)〜4/30(日)にかけて行われています。
チューリップ

(チューリップの花園)


かなり咲いてきています。
チューリップ

(フラミンゴフラップ


(チューリップの花園)


珍しい品種も咲いています。
スイセン

(チューリップの花園:東側水路脇)


やっと、ここのスイセンが咲いてきました。
ハナイカダ

(学習館・西側)


花が葉の上で咲き、葉をイカダに見立てて、この名がある。
ポピー

(花の丘)


すでに見頃となっています。

左側は「ネモフィラ」、奥は「ナノハナ」です。


ポピーフェアは4/8(土)〜5/8(日)にかけて行われています。
ナイトライダー

(つばきの森)


鉢植えの珍しい品種です。
虞美人(ぐびじん)

(つばきの森)


暖冬時は早くから咲き出し4月には、あまり花が見られませんでしたが、今年は現在、多くの花が見られます。
枝垂れ桜(万国博十周年記念植樹)

(西大路終端)


満開です。
紅枝垂れ桜

(西大路・茶店前)


紅枝垂れ桜が、咲いてきましたが、以前に比べて花の付きが少ないようです。
ソメイヨシノ

(桜の流れ)


こちらも見頃ですが、花弁が散り始めています。
枝垂れ桜

(水すましの池:北側)


枝垂れ桜の林がきれいになってきています。
キクモモ

(平和のバラ園:西側通路脇)


まだ、ほとんどが蕾ですが、咲き揃うときれいです。
ここからは日本庭園です


(泉の前)


こちらも満開ですが、花弁が散り始めています。
ヒイラギナンテン(花)

(瀧の向かい)


赤い葉に黄色い花が似合います。
シャガ

(茶室:東側一般通路脇)


シャガが沢山咲いてきています。
桜&ユキヤナギ

(茶室&梅林の北側一般通路脇)


ユキヤナギとサクラのコラボが見事です。
ミツガシワ

(水生花壇)


白色花で内面は有毛。
2017年4月10日
2016年4月7日 戻る 2017年4月14日