万博公園花情報

2017年3月16日

自然文化園
梅林 「万博記念公園梅まつり」開催中です。

見頃は過ぎた感じですが、遅咲種の「豊後」や「楊貴妃」などが咲いてきました。
東屋(北側斜面下から)
豊後(ぶんご)
都錦(みやこにしき)
幾夜寝覚(いくよねざめ)


シべが赤い品種です。
見驚(けんきょう)
緋の袴(ひのはかま)


花のおしべが、茶の道具である茶筅に似ていることから名付けられた。
無類絞り(むるいしぼり)


万博公園梅まつりは、2017年3月20日で終了です。
トサミズキ(蕾)

黄色い蕾の先端から赤い花が顔を出しました。
ポピー

(花の丘)


ネットに守られ成長中ですが、白い花も見れれます。
ネモフィラ

(花の丘))


ポピー花壇の横に列植されていますが、少しですが咲いてきています。
つばきの森

「梅まつり」に合わせてつばきの森にも床几などが設けれています。先週よりも開花数が増えました。

岩根絞(いわねしぼり)

大型の花です。
宝専寺(ほうせんじ)
出雲安寿(いずもあんじゅ)


カンヒザクラ

(春の泉)


万博公園のトップをきって、桜(カンヒザクラ)が、開花しました。
カンヒザクラ(UP)
ツクシ


(大地の池・北側石垣の上

「ツクシ」が顔を出しました。春はもうすぐです。
ここからは日本庭園です
日本庭園梅林


こちらの梅林では、、楊貴妃(ようきひ)が目に留まります。
楊貴妃(ようきひ)
春日野(かすがの


同じ枝に赤・白の花が咲く)
玉絞り(たましぼり)


白梅の花弁の一部にピンク色がある。
ハクモクレン

(築山の麓・西側)


蕾が裂けましたので、いよいよ開花が始まるようです。
ジンチョウゲ

(はす池・東南側)


「ジンチョウゲ」が咲き出しました。いよいよ春がやってきます。
2017年3月16日
2016年 3月 9日 戻る 2017年3月23日