万博公園花情報

2017年3月9日

自然文化園
梅林 「万博記念公園梅まつり」開催中です。

3月6日に「見頃」が発表され、現在も見頃が続いていますが、早咲種で終りの品種が出てきています。
玉垣枝垂(たまがきしだれ)


北側の枝垂梅も見頃です。
北側斜面を見下ろす。
白梅と床几
豊後(ぶんご)

遅咲き種の「豊後」が咲き出しました。
楊貴妃(ようきひ)


遅咲きの「楊貴妃」がきれいに咲き出しています。
書屋の蝶(しょおくのちょう)
茶筅(ちゃせん)


花のおしべが、茶の道具である茶筅に似ていることから名付けられた。
楠玉(くすだま



万博公園梅まつりは、2017年3月20日迄です。
ネコヤナギ(花穂)


ネコヤナギの銀色の穂から、小さな赤い花が沢山顔を出しました。
ポピー

(花の丘)


ネットに守られ成長中ですが、ますます開花数が増えてきています。
ウグイスカズラ

(ソラード・展望タワー下)


一輪だけ咲いていました。
つばきの森

「梅まつり」に合わせてつばきの森にも床几などが設けれています。先週よりも開花数が増えました。

白逆さ富士(しろさかさふじ)
福島雲竜(ふくしまうんりゅう)


一寸黒みがかった赤色です。
姫唐子(ひめからこ)


一寸変わった品種です。
カンヒザクラ

(春の泉)


万博公園のトップをきって、桜(カンヒザクラ)が、間もなく開花します。
ここからは日本庭園です
日本庭園梅林


こちらの梅林は、遅咲き種が多いようで、開花が遅れていましたが、楊貴妃(ようきひ)が多く咲いてきていました、木が小さくていまいちです。
鈴鹿の関(すずかのせき)
南高(なんこう)
不老園緋梅(ふろうえんひばい)
ボケ

(築山の麓・西側)


ボケの花が咲き出しました。
スイセン

(花しょうぶ田・南端)


八重のスイセンです。
2017年3月9日
2016年 3月 2日 戻る 2017年3月16日