万博公園花情報

2017年2月23日

自然文化園
梅林


2月18日から「万博記念公園梅まつり」が始まっています。期間は3月20日(月・祝)迄です。
観覧車


自然文化園の梅林には、約120品種・約600本の梅の木があります。
床几も置かれています。


本日の開花具合は7分咲位だと思います。
東屋付近


あとは遅咲き種の「豊後」や「楊貴妃」が咲き出すと「見頃」が発表されると思います。
メジロ


本日は「メジロ」がたくさん姿を見せてくれました。
八朔(はっさく)


ハッサクと云っても柑橘類ではありません。
田子の浦(たごのうら)
春日野(かすがの)



万博公園梅まつりは、2017年2月18日〜3月20日 にかけて開催されます。
ネコヤナギ(花穂)


これから、穂の間から小さな赤い花が、沢山頭を出してきます。
ポピー

(花の丘)


ネットに守られ、成長中ですが、開花数が徐々に増えています。
ヒメオドリコソウ

(花の丘)


ポピー花壇の通路脇に生える小さな雑草の花ですが、両手に団扇を持った踊子が舞い踊っているように見えます。
つばきの森

「梅まつり」に合わせてつばきの森にも床几などが設けれていますが、まだ開花数は少ないです。


虹玉(こうぎょく)


「こうぎょく」と言っても、リンゴではありません。
隠れ磯(かくれいそ)


毎年、早くから咲くのですが今年はやっと、まともな花が咲いてくれました。
月影(つきかげ)
チューリップの花園


沢山の芽が顔を出しています。
ここからは日本庭園です
ヒイラギナンテン


(中央門の東側)


一寸赤い色があせてきました。
クロヤナギ(花穂)

(梅林・入口)


クロヤナギといっても「黒柳徹子さん」ではありません。
日本庭園梅林


こちらの梅林は、まだあまり咲いていません。自然文化園の梅林を見た方は、今のところわざわ来ることもないでしょう。
八重千鳥(やえちどり)
光輝(こうき)


梅林の東側斜面には、小木ですが珍しい品種が植えられています。
乙女の袖(おとめのそで
マンサク

(心字池の石橋付近)


赤いマンサクも開花しました。
スイセン

(花しょうぶ田・南端付近)


八重のスイセンです。
2017年2月23日
2016年 2月16日 戻る 2017年 3月 2日