万博公園花情報

2016年12月12日

自然文化園
リュウキュウアサガオ

(夏の花八景)


今年は、この時期になっても、まだ咲いています。
ルピナス(苗)

(世界の森)


紅葉をバックに、春を待っています。
アメリカフウの実

(自然観察学習館・広場)


きれいに紅葉していたフウの木も、すっかり葉を落とし、そのあとには、こんな実がぶら下がっています。
マサキ

(自然観察学習館・横)


例年、葉は全て落ちてしまっているのですが、今年は葉が沢山の残っています。
柑橘類

(観察の森)


「ミカン」などが、いっぱいぶら下がっています。
柿の実&メジロ

(万葉の里)


沢山あった柿の実も、どんどん少なくなってきています。
ネコヤナギ

(万葉の里)


赤いコートを脱ぎ、毛皮のコートに着替え中。
サザンカ

(つばきの森)


つばきの開花は少ないですが、サザンカは沢山咲いてきています。
乙女サザンカ

(つばきの森)


きれいなピンク色です。
ススキ

(ももじ川・下流)
ここからは日本庭園です
モチツツジ

(茶室付近)


こんな時期に、あちらこちらで開花が見られます。
センリョウ&セミの抜け殻

(茶室・北側通路脇)


この木に抜け殻は、もう一つありました。
フイリアオキ(実)

(泉・南側)


種々の色合いの実がついています。
ヤブラン(実)

(州浜・北側)


いっぱいあった実も少なくなりました。
ツワブキ(種子)

(築山の麓)


ツワブキの種子はこんなのです。
ハゼの幼木

(築山の麓)


幼木ながら一人前に紅葉しています。
マンサク

(心字池に架かる石橋の南西側)


なんと!早春に咲く「マンサク」が、すでに開花していました。この花は開花後数日経っているようです。
サザンカ

(ハス池・北側)


赤・緑・ピンク・白の共演です。
2016年12月12日
2016年12月5日 戻る 2016年12月20日