万博公園花情報

(2016年9月1日)

自然文化園
フヨウ

(夏の花八景)


花数は少なくなりましが、中心部の赤がきれいです。
リュウキュウアサガオ

(夏の花八景)


まだまだ沢山の花をつけています。
「センニチコウ」・「ケイトウ」など

(世界の森)


ルピナス花壇跡では種々の花々が咲き誇っています。
ジニア

(世界の森)
モミジ

(茶つみの里・西側)


毎年、一番先に紅葉するモミジですが、今年は枝先が結構色づいています。
ヒガンバナ

(生産の森)


雑草にまじって咲いています。他所のヒガンバナは、まだ全く気配がありません。
ザクロ

(観察の森)


ザクロの果実が鈴なりです。
コスモス

(花の丘)


コスモスの苗は少し成長しましたが、雑草もはびこっています。良く見るとチラホラと小さな花が咲き出しています。
ヘクソカズラ

(西大路東端の売店前)


シャリンバイの植え込みに、つる性の小さな花が(5o位)絡まって咲いています。名前が不明でしたが、調べてみると(屁糞葛)という雑草で、葉や茎を傷つけると悪臭が出るところから、この名が付いたそうです。
ミソハギ

(もみじ川)


水辺などの湿地に自生する。
クチナシ(実)

(もみじ川・左岸)


これから胴体が黄色くなり、その後赤くなります。
ここからは日本庭園です
中央休憩所からの展望

(心字池)


モミジが部分的に色付いてきています。
ナンテン(葉)

(茶室・北側通路)


ナンテンの葉も。一部分赤くなっています。
クサソテツ

(梅林・北側)


真夏でも、きれいな緑色をしています。
ヤブラン

(心地池・北側)


次々と花穂が出てきています。
サルスベリ

(つつじヶ丘)


青空の下で咲き続けています。
ミズキンバイ

(水生植物花壇)


浅い水中にはえ地中を長く這う茎がある。
2016年9月1日
2016年8月25日 戻る 2016年9月9日