万博公園花情報

(2016年7月21日)

自然文化園
夏の花百景


中央部
クレオメ

(夏の花百景)


アメリカ原産の宿根草。花びらには細い柄があり、蝶が飛んでいる姿を連想させる。
サルスベリ

(茶摘みの里の北側)


フヨウ・ムクゲ・サルスベリなどの夏に咲く花のコーナー。
スイフヨウ(酔芙蓉)

(茶摘みの里の北側)


咲き始めは白色ですが、だんだんお酒に酔ったようにピンク色に変化する花です。これは多分、昨日に開花した花と思われます。
ヒマワリ

(チューリップの花園)


一番沢山植えられているヒマワリですが、背の低い木に花が咲き始めていますので、あまり目立ちません。

なお、「ひまわりファスタ」は7月23日に開始され、8月14日迄開催されます。この咲き具合だと、まだ急いで行くことも無いと思います。
ヒマワリ

(チューリップの花園)


珍しいヒマワリコーナーでは、3品種程がこの位咲いてきていますが、まだ品名板は設置されていません。
ヒガンバナ

(生産の森)


小さな田んぼの土手で「ヒガンバナ」が咲き出しています。毎年、ここのヒガンバナは随分早くから咲き始めます。
ザクロ(果実)

(観察の森)


ザクロの実が大きくなってきました。
カノコユリ

(万葉の里・南側)


花の斑点を鹿の子絞りに見立てた命名。
キツネノカミソリ(リコリス)

(西大路・中間点付近)


ヒガンバナ科の植物で、現在かなり咲き出しています。。
ルドベキア

(桜の流れ・山桜林)


沢山の園芸品種があるそうです。
ここからは日本庭園です
サルスベリ

(中央休憩所より)


築山を望む心字池の畔のサルスベリが、かなり咲いてきました。
つばき(実)

(竹林・付近)


つばきの実が目立つようになりました。
サルスベリ

(つつじヶ丘)


北側の木、3本程がこの程度咲いていますが、その他の「クルメツツジ」の間に植わる木は、あまり花が見られません。昨年は、ほとんど咲かなっかったのですが、今年も同様です。
コウホネ

(水生植物花壇)


根茎を川骨といって、止血・強壮の薬用とする。
花蓮

(はす池)


まだ結構きれいな花が見られます。
紅舞妃蓮

(はす池)


知らなかったけれど、こんな黄色い花弁の花蓮があったんだ・・・
2016年7月21日
2016年7月15日 戻る 2016年7月29日