万博公園花情報

(2016年5月17日)

自然文化園
ヒルザキツキミソウ

(夏の花八景)


夏の花は、まだまだ咲かないと思いこんでいましたが、この花は満開です。
ベロニカ ロンギフォリア

(夏の花八景)


ベロンカの仲間は約300種類ああり、花色・花形・性質など変化に富んでいる。5〜8月、直立した茎の先に小花が集まり穂状に咲く。
マキバブラシ

(世界の森)


赤色の小花が外側に向かって直立し、パイプブラシのような筒状の花房をつくる。
ルピナス

(世界の森・ルピナスガーデン)


もう、見ごろor見ごろ過ぎの状態かと思われます。
八朔(花)

(生産の森)


柑橘類のハッサクの花は、一寸変わっています。
カラタチ(実)

(花の丘・南東端)


花を撮るつもりでしたが、すでに大きな実になっていました。
ヤマアジサイ

(あじさいの森)


今年は「あじさい」の開花が遅いです。現在、この他に開花は見られません。(ヒチダンカもまだです)

なお「万博公園・あじさい祭り」は6月4日(土)〜26日(日)に開催されます。
ヒルガオ

(桜の流れ)


桜の流れの「アジサイ」も、まだ雑草に埋まった状態です。雑草に混じってヒルガオが点在しています。
アベリア

(平和のバラ園・西側一般通路))


やっとアベリアが咲いてきました。白い花はまだ開花が見られません。
平和のバラ園


満開です。

バックの「月の世界」・「太陽の塔」・「お祭り広場の天井」などの万国博覧会の遺跡?に混じって、エキスポシティに建設中の観覧車が仲間入りです。
バラ園・最上段

アンネのバラなどが青空に映えています。
水鉢に浮かべられてバラの花もきれいです。


万博記念公園ローズ フェスタ」は5月14日(土)〜29日(日)にかけて行われています。(水曜日は休園)
ここからは日本庭園です
サツキ

(心地池・南側)


まだ少ないですが、サツキが咲いてきました。
ウツギ(別名・うの花)

(竹林・北側通路)


梅雨の季節が近付き、うの花が咲き出しました。
サツキ

(築山西側の麓)


この辺りには、様々な品種のサツキが植えられています。
スイレン

(はす池)


ハスに先駆けて、スイレンが咲いています。
花しょうぶ

(花しょうぶ田)


先週は皆無だった花しょうぶが咲いてきました。一番沢山咲いているのは、この白い「連休白」という品種で、その他「八ヶ岳」・「播磨の乙女」・「紅の糸」・「辰野」の5品種が開花しています。
八ヶ岳

(花しょうぶ田)


以前は「花しょうぶ祭」の類が行われていましたが、近年は何も実施されませんので、各自、頃を見計らってお出かけください。


「万博公園・蛍の夕べ」は5月21日(土)〜6月5日(日)の日没〜21:30に開催の予定。(水曜日は休園) お出かけは「万博公園」に確認の上お出かけください。
2016年5月17日
2016年5月10日 -戻る- 2016年5月23日