万博公園花情報

(2016年4月19日)

自然文化園
八重桜

関山(かんざん)

(東の広場・北東端)


東口から入ると、左側の広場の奥に小さな桜の木が少しある。これら「造幣局の通り抜け」で見られるような珍しい品種の八重桜です。
ルピナス

(世界の森・ルピナスガーデン)


所々で少しですが咲き出しています。
ツツジ

(お祭り広場・北端)


まだ咲き始めですが、咲きそろうと綺麗です。
万博公園・チューリップフェスタは4月9日(土)〜4月29日にかけて行われています。


チューリップ

(チューリップの花園)


先週が一番の見ごろでした。本日は数種の終了品種が出てきています。。
チューリップ

(チューリップの花園)


手前の品種は、カラースペクタル」という、赤と黄色の花弁が、次第にオレンジと赤に変える珍しい品種だそうです。
チューリップ

(チューリップの花園)


アラジン


先端がとがり、細長い花弁のユリ咲きのチューリップです。
花いかだ

(自然観察学習館・建物の西側通路)


小さな花がのる葉を「いかだ」に見立てて、こ名が付いた。
リンゴ(花)

(自然観察の森)


蕾は赤いですが、花はピンクから白に変わるようです。
万博公園・ポピーフェアは4月9日(土)〜5月5日(木・祝)にかけて行われています


ポピー

(花の丘)


青い「ネモフィラ」が目立つようになりました。
シャーレーポピー


遅咲き種が咲いてきました。
この品種は、ヨーロッパ原産の1年草で別名が虞美人草(ぐびじんそう)。

花の形が豊富で、花の色は赤やピンク、花弁は一重・八重とさまざまです。
シバザクラ

(万葉の里)


案の状、あまり広がらないようです。
キリシマツツジカルガモ

(ひょうたん池)
キリシマツツジ

(松の池)


九州の霧島山系に生える自生種から選抜されたツツジ・
ハナミズキ

(日本庭園前・駐車場のゲート手前)


ハナミズキが青空に映えます。
ここからは日本庭園です
亀甲竹の竹の子

(茶室・西側通路下))


竹の子がいっぱい出ています。
シャガ

(滝付近)

シャガが沢山咲いてきました。
里桜

(州浜の北側)


遅咲きの八重桜が満開です。
クルメツツジ

(つつじヶ丘の西端から)


「クルメツツジ」が見ごろとなりました。
クルメツツジ

(つつじヶ丘の東端から)


珍しく一斉に咲きだしたようです。
フジ

(花しょうぶ田の最北端通路)


いつの頃か「藤棚」が設けられ、昨年は、けっこう綺麗に咲いていましたが、今年は?
もう蕾の上方から咲き始めています。
2016年4月19日
2016年4月11日 -戻る- 2016年4月25日